ペントハウス

ペントハウス

TOWER HEIST
2011年製作 アメリカ 104分 2012年2月3日上映
rating 3.5 3.5
155 10

『ペントハウス』とは

実際に起きたアメリカ犯罪史上最大の巨額詐欺事件をモデルとし、年金を横領したビジネスマンに雇われるブルーカラーの従業員に、映画の焦点を当てている。監督は「ラッシュアワー」シリーズのブレット・ラトナー。原案には『オーシャンズ11』の脚本家テッド・グリフィンを起用。制作は『スプラッシュ』でアカデミー賞脚本賞に輝いたブライアン・グレイザーと、世界で人気を博しているコメディ俳優のエディ・マーフィ、そして『インサイド・マン』のキム・ロスが務める。主演は「ナイトミュージアム」シリーズのベン・スティラー。

『ペントハウス』のあらすじ

主人公のジョシュは「ザ・タワー」というニューヨークのマンハッタンの一等地にそびえる超高級マンションの、管理マネージャーを務めていた。そこに住めるのは、本物のセレブたち。特に最上階のペントハウスに住む大富豪アーサー・ショウは、ジョシュの憧れであった。そんなある日、アーサーが詐欺の容疑でFBIに逮捕され、20億ドルもの大金を横領していたことがわかる。その横領金の中にはザ・タワーで働く従業員の年金までも、含まれていた。ジョシュとタワーに努める従業員は、アーサーから金を取り戻すために、素人犯罪チームを結成するが……。

『ペントハウス』のスタッフ・キャスト

『ペントハウス』の感想・評価・ネタバレ

『ペントハウス』に関連する作品