シュアリー・サムデイ

シュアリー・サムデイ

2010年製作 日本 122分 2010年7月17日上映
rating 3 3
106 15

『シュアリー・サムデイ』とは

小栗旬の初監督作品となる青春群像劇。バンドを組む5人の高校生たちが文化祭の中止に抗議しようと狂言の爆破予告をおこなう。キャスティングにも小栗の意向が取り入れられ、彼と親交の深い俳優陣が名を連ねている。脚本は『クローズZERO』の武藤将吾で、小栗が自分で書いたあらすじを元に武藤に脚本を依頼した。 出演は小出恵介・勝地涼・鈴木良平など。また小栗旬自身も警官役として出演している。キャッチコピーは「バカで最強!!!」。映画の公開に先立ち、角川書店刊の「ヤングエース」誌上にて漫画が連載された。

『シュアリー・サムデイ』のあらすじ

タクミ・キョウヘイ・カズオ・ユウキ・シュウトの5人は高校でバンドを組んでいる。その目的は女の子にモテるためだった。文化祭で演奏を披露するべく練習していた彼らだったが、学校側の都合で突然文化祭が中止されてしまう。5人はそれに抗議するため、教室を占拠してハッタリの爆弾を持ち込むがそれが誤って爆発。彼らは爆破犯として退学させられることに。 その後は見事な転落人生を送っていた5人だったが、ヤクザになったカズオのせいで大事件が発生する。カズオのボス・亀頭に対し、3億円を明日までに届けなればならなくなった5人は、自分たちの未来を賭け立ち上がる。

『シュアリー・サムデイ』のスタッフ・キャスト

『シュアリー・サムデイ』の感想・評価・ネタバレ

  • ^ω^

    好き!青春で笑えて少し泣けていい映画!

  • Chiharu  Odai
    Chiharu Odai 2 2016年1月8日

    記録用

  • nanami.s
    nanami.s 4 2015年8月30日

    よかった。みんな友情出演なんだろうなあ〜〜ってかんじのキャストで、さすが小栗旬〜〜

『シュアリー・サムデイ』に関連する作品