13F
13F
The Thirteenth Floor
アメリカ 1999年5月28日上映
rating 3.5 3.5
28 6

『13F』の感想・評価・ネタバレ

  • Yamanaka  Akira
    Yamanaka Akira 4 2016年12月14日

    とても面白かった!色々先読みはできたけど、いいSF映画だと思います。マトリックスと同じ年に公開されたらしいけど、こっちのほうが面白い気がする。

  • ごとー
    ごとー 0 2016年3月24日

    2016/03/23 翻訳者 岡田壮平 なにこれ!すげー! 途中まで予想通りだったのにラストはそうくるかー!という感じ!

  • susamishin
    susamishin 2 2015年6月22日

    仮想世界という観点から見るとマトリックスに似たテイストなんですけどマトリックスよりもっと小宇宙ですね。 途中で「多重」であるという最大のネタバレがボクにはわかってしまったのでちょっとガッカリ。 エンディングに向かうにつれどんどんラブストーリー重視になってしまって当初の「殺人事件のミステリー」は影を潜めちゃいました。無念。 っていうか、正確には「人間は誰も死んでない」のかもしれません。

  • めろん餃子
    めろん餃子 3 2015年6月7日

    おもしろかった

  • masa

    凄く面白い

  • ??

    コンピュータ・ソフトの開発者ホールは、ヴァーチャル・リアリティの技術を使ってコンピュータ内に1937年のロサンゼルスを再現しようとしていた。だが上司が何者かに殺される事件が起こり、ホールが容疑者となってしまった。アリバイが無いどころか、犯行時間の記憶自体失っているホールは、突然の事態にパニックとなる。やがて彼は、研究の過程で1937年の仮想世界と現実世界を行き来していたことを知る。その鍵を握るのは“13階”……。

  • ののはな
    ののはな 3 2014年12月9日

    インセプションを見たときに、デジャヴを感じたののですが、この映画を見ていたからでした。 道が途中で無くなっているシーンに「ええーっ」と主人公同様ビックリしました。全然気がつかなかった…。

  • けい

    個人的にはちょっともの足りなく感じちゃう、かなー

  • fuyu

    あんまり有名じゃない!?面白い!マトリックスよりすっきりしてる。

  • RiN

    何の気無しに観たわりに面白かった。設定がインセプション寄りだけど数段わかりやすい。 もっとあっと驚かせて欲しかったなあ、とは思わなくもなかったけど、誰しも想像したことのあるであろう、「これが夢だったらどうしよう」みたいな妄想を、上手いこと作品に昇華している感じが見事でした。 最後の無理やり感のあるエンディングも、嫌いじゃないです(笑)

  • sonomamaouji
    sonomamaouji 4 2012年9月23日

    ストーリーはすごく面白いので★4.5にしたいけども、 結末が読めてしまったので ★4です。 かなり面白い設定・ストーリーでした。

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2012年6月29日

    TSUTAYAでお勧めされていたんで何の予備知識もなくレンタル。インセプションのノーラン監督が影響を受けたとかなんとか言われている映画みたいですね。なるほど確かに、仮想空間が重なるという発想はこの映画が元になっているんですね。 仮想空間の研究に取り組んでいた会社社長が何者かに殺されます。どうやら解決の糸口は仮想空間の中に・・。というお話。ストーリーはかなり手が込まれていて一瞬も飽きることなく鑑賞することができます。鑑賞後の後味はマトリックスのそれに近いかもしれません。1999年の映画なのでやはり映像の物足りなさは否めません。映像も、アクションも、そしてストーリー的にも充実しているのはインセプションだと思いますが、比較してもやはりこの13Fが名作であることには変わりないでしょう。もしインセプションを観たことがない方がいるなら先にこちらを見た方がなんだか楽しめるかもしれません。そういう観方をされた方はいるんでしょうか。

  • kyutyo

    13Fみたなう。メタメタなフィクションのSF映画。マトリックスとインセプションを足して2で割ったような映画でなかなか面白い。「仮想現実」を作り出してしまった主人公が、その自身がプログラミングした仮想空間で起きた、プログラミング異常をもとに事件は思わぬ展開に…。自分が生きてる世界って、本当に現実の世界なのか?そもそも生きてるって何?バーチャルの世界と現実って何が違うの?みたいなことを問うているなかなか面白い映画。終わり方の演出もなかなか秀逸。ひょっとしてこの映画はメタメタメタメタ…映画なのかもしれないww