雨に唄えば

雨に唄えば

Singin' in the Rain
1952年製作 アメリカ 103分 1953年4月1日上映
rating 4.1 4.1
236 51

『雨に唄えば』とは

『掠奪された七人の花嫁』、『シャレード』などで知られるヒットメーカー、スタンリー・ドーネンと、ミュージカルスターのジーン・ケリーが共同監督した、ミュージカルの金字塔。サイレントからトーキーへと移り変わる映画界を舞台に、俳優たちの恋模様を描き出す。メインキャスト3人のダンスシーンは圧巻。メインテーマである「雨に唄えば」を、土砂降りの雨の中でジーン・ケリーが歌い踊るシーンは、映画ファンなら知らない人はいない名シーンである。

『雨に唄えば』のあらすじ

サイレント映画全盛の時代。人気スターのドンとリナは、公私ともに仲が良く、結婚も噂されているカップル。しかし本心では、ドンはリナにあまり良い感情を抱いていなかった。そんな折、ドンは新人女優のキャシーに一目惚れしてしまう。一方、映画業界では技術革新が進み、サイレントからトーキーの時代がやってきた。製作途中でサイレントからトーキーへの変更を余儀なくされるドンとリナ。しかし、リナが悪声だったことから、映画の出来栄えは最悪に終わってしまう。このままだと俳優人生が終わってしまうと考えたドンは、キャシーにリナの吹き替えをさせて、さらに映画をミュージカルにしようと目論むのだが…。

『雨に唄えば』のスタッフ・キャスト

『雨に唄えば』の感想・評価・ネタバレ

  • harry
    harry 4 3月18日

    これこそエンターテイメント!笑顔って素晴らしい。

  • ことね。
    ことね。 4 2017年2月18日

    20170218 社長の茶目っ気よい

  • ぼー

    2016.12.11[91作目] DVD。とてもとても有名だけど、なかなかみる機会がこれまでなかった作品。見てみたらとても良かった。3人とも本当に楽しそうに歌って踊ってるのがいい!ユーモアたっぷりだし、ロマンチックだし、大切な人と一緒にみたいと思った。次に見るときはそうなってればいいな笑 最後の最後でDVDの不良によってシーンが止まったり、飛んでしまったりしたのがすごく残念だった…

『雨に唄えば』に関連する作品