遊星からの物体X (1982)

The Thing
アメリカ
rating 3.8 3.8
102 19

「遊星からの物体X (1982)」感想・評価・ネタバレ

  • ekurmov
    ekurmov 4.5 8月28日

    生物に擬態するエイリアンが出てくるSFホラーの名作 ホラー映画でありながら単にエイリアンが次々に人を殺す映画にとどまらず、クローズド・サークルを利用したミステリ的なおもしろさが加味されていて非常におもしろい いわゆる吹雪の山荘モノのようにお互いが疑心暗鬼に陥って仲間割れをしたり、裏切ったり、敵をあぶり出したりするストーリー展開は普通のホラーとは一味違った緊張感があって楽しめました ラストもすんなり終わらずに含みを残して確実な恐怖を煽ってくる ストーリー展開からラストまで一筋縄ではいかない、やはり名作です エイリアン(劇中では"Thing"といわれていました)の造形も素晴らしい かの有名な頭からカニみたいな脚が生えてきてテケテケ逃げるシーンは知っていても衝撃的です 人間や犬に擬態しかけの状態なんかもホント絶妙に気持ち悪いし最高 この完成度だけでも評価できるのにストーリーも完成度高いからからすごいです

  • theskinheads
    theskinheads 4.5 2月18日

    名作として名前だけは知っていたものの、中々観る機会がなくて、観たいと思ってNetflixで検索したらファーストコンタクトしかなくて、ツタヤに行って借りてきた。 まぁ、終始ハラハラドキドキで、宇宙から飛来した「生き物」は細胞をコピーして襲った生物になりすます。南極観測隊という閉鎖的で限られた状況下で、誰が本物の人間で誰が「生き物」か、疑心暗鬼になる隊員達。ラストまで秀逸である。 再三と言われていることだろうが、「生き物」の造形が素晴らしい!グロテスクで気味が悪くて、この映画がそこら辺のSFパニックと一線を画してる所以はそこにあると思う。映画としても無駄なシーンがなく、人間達のリアルな駆け引きも目を見張るものがある。それだけで至極単純に面白いと誰もが感じられる映画であろう。 名作という名前に負けてない映画でした。

  • tremolo779
    tremolo779 3 2月6日

    邦題のB級感からエイリアンが無作為に襲ってくるパニック映画を想像してたんだけど、“襲った相手にすり替わる”っていうのが面白かった。 ただエイリアンに襲われるだけじゃなく、南極で助けを呼べない状況で、仲間になりすましている“何か”を見つけて殺さなくちゃいけない。 全員疑心暗鬼になって疑いのある人から殺そうとするんだけど、間違って人間を殺すとどんどん相手にとって有利な状況になっていく。 極限状態での心理描写がなかなか良かった。 エイリアンの造形も、粘液の感じとか触手がピロピロ高速で動く感じとかが本当に気持ち悪い。 特に頭から蜘蛛みたいに脚が生えて動き回ってたのは衝撃だった。 グロ耐性がないとちょっとキツイかな...。

  • cla_sta
    cla_sta 4 2016年8月11日

    SFとパニックホラーをいい感じに融合できた1作。物体Xが予想よりえげつない能力でびびった。いいラスト。

  • Yuzukappa
    Yuzukappa 4 2016年3月14日

    圧倒的なビジュアル。 当時よくこのクリーチャーを思いついたなと思う。寄生獣とかガンツとか、これが大元だったのね。鉄男とかとも似てる。 最近では人狼なんてゲームが流行ってこの映画の誰が仲間か、っていうサスペンスに目新しさを感じられなかったが、公開当初はすごいインパクトだったろうな。 話に無駄がなく、淡々とすすんでいくのがいい。 ラストの台詞はすばらしい。終わり方これででいいと思う。品がある。 もっと若い時にみたかったなぁ。 何気に犬の芝居がすごかった。 現代のいろんな作品の元ネタを見れて恐縮なおもあ。

  • southpumpkin
    southpumpkin 4.5 2016年3月8日

    上空から犬を撃ち殺そうとうするヘリコプター。怪しんだ隊員が見た焼死体。何かがおかしい…、と思わせておいてジワジワと恐怖で追い込んでいく。丁寧に逃げ道を塞いだ状態で登場する物体X。物体Xは人間を飲み込み、その人間と同じ姿になるのです。ここからは疑い合戦。お前本当は、物体Xなんじゃないか?冷静な判断はパニック状態の中では不可能なのです…。あまりにも自然なシチュエーション・スリラーです。ジョン・カーペンターは本当にすごいなあ、と思います。これだけモンスターカーニバルにしておきながら、現代まで量産されるモンスターパニック映画にならないのは本作が名作であり、傑作である証拠でしょう。最後のオチまで映画として高いクオリティを保ち続けていると言えます。 タランティーノが『ヘイトフル・エイト』に最も影響を与えた映画として本作をあげています。映画も似たシチュエーション・スリラーですが、音楽はエンニオ・モリコーネです。最高。

  • B50371952
    B50371952 3.5 2016年3月1日

    『ヘイトフルエイト』鑑賞記念、元ネタ映画を見てみようキャンペーン。 カート・ラッセル主演、エンリオ・モリコーネの音楽、雪中の密室…モロである。見た目だけではそいつの内面が分からない疑心暗鬼が煮立っていく作りもよく消化されている! なによりも特撮がすごい!すごくキモい。もうなんかこういうのはCGじゃなくてSFXが強みを発揮する分野だと思う。『ザ・フライ』くらいキモかった。 一緒にヘイトフルエイト見に行った友人の言う通り、ラストもオマージュめいてて彼の言葉「技術に進歩はあるが、表現には変化しかない」を思い出す。

  • Shinya_Ago
    Shinya_Ago 4 2016年2月29日

    リメイクから先に見た。 リメイク版のラストとオリジナルのオープニングに繋がるのを、何回も観た。 クラシックだなぁ 好きです。

  • eltafipr52ll4ok
    eltafipr52ll4ok 5 2016年2月27日

    レンタルにて鑑賞。 SFホラーとしては『エイリアン』とならんで金字塔と呼ばれる本作。私は鑑賞は2回目だが、今回も最高に楽しませてもらった。 この作品で特に評価したいのは、まあ誰もがいっていることだが、クリーチャーデザインを手掛けたロブ・ボッティンだろう。このエイリアン、とにかく気持ち悪い。CGで簡単にグロテスクな映像が作れる現在でもここまでの気持ち悪さは作れないだろう。むしろ、特撮だからこその「生き物感」があり、ねっとりとしたエイリアンの肌触りまでが容易に想像できる。 もうひとつ、この作品での大きな貢献は、エンニオ・モリコーネの音楽だろう。特に前半、エイリアンが本格的に姿を現すまでの音楽は、ジョン・カーペンターの巧みなカット割りとあいまって、非常に不気味な雰囲気を醸し出している。 今回この映画をチョイスしたのは、タランティーノが『ヘイトフル・エイト』を観る前に観るべき映画のうちのひとつに挙げていたからなのだが、なるほど、密室サスペンスとしての要素も色濃く、物語にリアリティと緊迫感を与えている。寄生したものに姿を変えるエイリアン、誰が人間で誰がエイリアンだかわからないなかでの疑心暗鬼。カート・ラッセル演じる主人公がその頭の回転のよさで少しずつエイリアンを追い詰めていくが、エイリアンも同様に賢いので安心できない。 脚本、クリーチャー、演出、音楽、すべてが見事に噛み合って、壮絶なSFホラーができた。エンディングの無情感もたまらない。

  • potunen
    potunen 4 2016年2月16日

    ファーストコンタクトを見ちゃってからこっちを見たけど、どうしても新しい方が気持ち悪い描写は上になるよな、て思ってたら、なんのなんの。使い古された表現やけど、今見ても十分に気持ち悪い(面白い)!そしてファーストコンタクトの素晴らしさも再確認できた。

  • Yamanaka__Akira
    Yamanaka__Akira 3 2015年11月21日

    当時観た時は衝撃的でした!

  • gaungaun
    gaungaun 0 2015年10月3日

    記録用

  • nothorror
    nothorror 4 2015年8月6日

    ファーストコンタクトから見た。 良かった。

  • Hironari_Yoshimatsu
    Hironari_Yoshimatsu 4 2015年6月29日

    エイリアンよりもしかしたら好きかも、、、

  • mayaki
    mayaki 4 2015年6月25日

    終始ハラハラドキドキ。色々びっくりして口開いてた。SFのオススメと言われて観たらホラーだしグロもありだし…と思ったらSFホラー映画ってちゃんと解説にあり。心理戦もからんできて面白かった!

  • skr_icj
    skr_icj 3 2015年6月17日

    #eiga #movie かなり前にトラウマになった作品を再び。不穏な音楽と、気持ち悪すぎる「それ」。疑心暗鬼でどきどきしてしまう。違うところをクローズアップしておいて、他の部分で驚かせるやり方はずるい。登場人物がなかなか覚えられないのと、どういう風に変わっていったのか(変わっていった順番)がわかりづらい。含みを持たせるラストの演出もにくい。

  • Daiki_Kinoshita
    Daiki_Kinoshita 3 2015年4月7日

    監督 ジョン・カーペンター 脚本 ビル・ランカスター 1982年公開

  • dobu69popo
    dobu69popo 0 2015年2月22日

    http://minaminoeigabu.seesaa.net/s/article/413743275.html 飲み屋のオッサン達の映画評。 お楽しみ下さい~♪

  • Ken_Chang
    Ken_Chang 5 2015年2月1日

    南極の基地、一匹の犬を狙撃しながら低空飛行する不審なヘリがやってくる 着地するも操縦士と狙撃手が不意なことから死んでしまい、狙われた犬は基地で飼われることとなるが… 南極基地という閉塞感たっぷりの舞台で、"成りすます"ことのできるエイリアンの襲撃で疑心暗鬼になる隊員たちの恐怖を描いた一級スリラー!! バグフォビアの私は人の頭から虫ぽい足がワサワサ生えた時点でギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!でしたが、この頃のホラーのクリーチャーはまだチープな作り物感があってややかわいいというか、観れる感はあります笑 巷で話題となった、ラストシーンの吐息が白い人と白くない人、なんてのがあったんですが、もっかい観ようかな…

  • _32323_
    _32323_ 3.5 2015年1月1日

    午後ロード。 エイリアン?が想像以上に生々しくてエグい。古い作品なのでそんなに期待してなかったけど見始めたら最後まで真剣に見てしまった。誰がエイリアンだか分からないって状況が新鮮で面白かった。 エンディングは色々と想像出来る感じ。