オリエント急行殺人事件

オリエント急行殺人事件

Murder on the Orient Express
1974年製作 イギリス 128分 1975年5月17日上映
rating 3.7 3.7
51 10

『オリエント急行殺人事件』とは

「走る密室」大陸横断列車オリエント急行車内で起きた謎の殺人事件を、偶然乗り合わせた探偵エルキュール・ポアロが名推理で解き明かす。ミステリ小説の代名詞アガサ・クリスティの傑作を、豪華オールスター・キャストで映画化。社会派監督シドニー・ルメットのダイナミックな演出により、『ナイル殺人事件』『クリスタル殺人事件』をはじめとするクリスティ小説映画化ラッシュの先駆けとなった記念碑的名作。イングリッド・バーグマンが本作でアカデミー助演女優賞を獲得した他、計5部門にノミネートされた。なお、ケネス・ブラナーがメガホンを取った、ジョニー・デップ他現代の豪華キャストたちによる期待のリメイク作が2017年に公開される。

『オリエント急行殺人事件』のあらすじ

"時は1935年。トルコはイスタンブール発フランス行、大陸横断列車オリエント急行。混雑する車内には様々な乗客が乗り合わせていたが、そこにはロンドンへと急ぐ探偵エルキュール・ポアロの姿もあった。 道中突然の豪雪が災いし、列車は立ち往生の憂き目に会ってしまう。そしてある晩、相変わらず動けない列車客室内にて、体中を鋭利な刃物で何度も刺された死体が発見される。その死体はアメリカ人の大富豪ラチェット氏であった。 早速調査を開始した探偵ポアロは、執拗な聞き込みをもとに推定犯行日時に一等寝台車に乗り合わせていた乗客や車掌らに捜査の焦点を合わせる。尋問を繰り返す内に、被害者や乗客たちそれぞれの意外な過去が次々と浮かび上がる。 名探偵が導き出した、驚愕の真実とは?"

『オリエント急行殺人事件』のスタッフ・キャスト

『オリエント急行殺人事件』の感想・評価・ネタバレ

  • しょうちゃん
    しょうちゃん 4 2017年12月18日

    アガサ・クリスティの同名小説をアルバート・フィニーら豪華スターを迎えて映画化したミステリー。 カレーに向かう国際列車・オリエント急行に乗車していた名探偵・ポワロが、 列車内で起こった殺人事件の謎に迫る。 1975年公開のこの有名な本作は、 映画ファンならたいていが観賞していると思う。 観賞していなくても知ってるかもしれない推理小説の古典。 今どき結末を知らない者は稀なんだと思います。 オープニングのテーマ曲が素敵。 キャストが素晴らしいく、 豪華なキャスティングだけでも楽しめる。 これだけ登場人物が多いと、 出番もセリフも少なめの役どころもあるけど、 ちゃんと12名の容疑者一人一人のキャラクターが立っているのが良い。 この後、 「ナイル殺人事件」、 「クリスタル殺人事件」 「地中海殺人事件」、 「ドーバー海峡殺人事件」、 「死海殺人事件」と続いてます。

  • 百合

    演技派とスターの相乗効果が出ている作品。助演女優賞をとったバーグマンのたどたどしさを追求した演技は特筆すべきものがあるし、フィニーの傲慢で神経質な探偵役、バコールの小煩い女優役、パーキンスの繊細な秘書役もとくとご覧あれ。

  • domax

    TOHOシネマズ市川コルトンプラザ@'16.02.14

『オリエント急行殺人事件』に関連する作品