田園に死す
田園に死す
rating 3.8 3.8
30 6

『田園に死す』のtomomi osakiの感想・評価・ネタバレ

tomomi osaki
tomomi osaki 3 2015年5月16日

なんというかかなり難解。国語は好きだけど、短歌など、無知なわたしには難しかった。 寺山修司さんのアングラ映画ならではの色彩や衣装にはとても惹かれました。物語はしっかり理解できていないが、なんとなく、過去の自分や現在の自分を否定しているような、常に迷走しているような感じがして、寺山修司さんの頭の中を覗かせて頂いたような気分になりました。 又、振り子時計の演出や、川から雛壇が流れてくるだとか、わざとらしい顔が全く映らない照明とモクモクとしたタバコの煙の演出、ヘアメイクなど、すごく印象に残るものが多く、好きでした。 恐山や母殺しなどをテーマにしていて怖いイメージがありましたが、独特な世界観が、そうさせているのか怖いとは感じませんでした。 あとは70年代のTHE日本映画という感じが特に強かったと感じました。 エンディングの新宿も好きでした。