メトロポリス (1926)

メトロポリス (1926)

Metropolis
1926年製作 ドイツ・フランス 1929年4月3日上映
rating 3.9 3.9
17 10

『メトロポリス (1926)』とは

手塚治虫の漫画を原作にした劇場版アニメ。制作はマッドハウスで、完成までに5年、総作画枚数15万枚、総製作費は10億円かかった大作。監督は虫プロダクション出身で、劇場版『銀河鉄道999』『幻魔大戦』などのりんたろう。脚本は漫画家の大友克洋が担当している。キャラクターデザイン・総作画監督は『天使のたまご』の名倉靖博。出演者は井元由香、小林桂、岡田浩暉、富田耕生など。また、漫画家のやなせたかしや永井豪が声優として友情出演している。

『メトロポリス (1926)』のあらすじ

時代はロボットと人間がいっしょに生活する未来。巨大都市国家・メトロポリスでは、進歩と技術の象徴である超高層ビル・ジグラットが完成し、お披露目の式典が開かれていた。都市の実権を握っているのはレッド公。式典でレッド公が演説している最中、式典を混乱させた男が射殺される事件が起きた。その事件を目撃した私立探偵のヒゲオヤジ(伴俊作)とケンイチ少年。しかし射殺された男はロボットだった。そのことが分かると、ロボットを射殺した黒シャツの若者・ロックは現場を悠然と立ち去った。ヒゲオヤジとケンイチ少年は捜査を開始する。

『メトロポリス (1926)』のスタッフ・キャスト

『メトロポリス (1926)』の感想・評価・ネタバレ

  • ShogoIoku
    ShogoIoku 3 2016年3月7日

    これ、1929年の映画と思って見たら感動する!でも、ぜーんぜん面白くない!

  • ベルコモ
    ベルコモ 5 2015年11月11日

    マリアは女優さんもロボットも美しい。美術、衣装、髪型などからのかぶき方なんて、特撮や子供番組の原点を見ているようだ。

  • Yusuke Washizu
    Yusuke Washizu 4 2015年7月15日

    マルクスの上部構造と下部構造がハッキリ見て取れる作品です。当時では考えられないほど大きな規模の撮影だったと思います。時代を考えればかなりすごい作品だと思います。

『メトロポリス (1926)』に関連する作品