おとなのけんか
おとなのけんか
Carnage
フランス・ドイツ・ポーランド 2012年2月18日上映
rating 3.4 3.4
185 40

『おとなのけんか』の感想・評価・ネタバレ

  • shin

    観終わって得るものは何もないけど、かといって時間の無駄だったか聞かれたらそんなことない。生産性なんてないけど割と好きな映画でした。笑

  • Kozai Szatosi
    Kozai Szatosi 4 2018年7月2日

    ブチ切れすぎて鶏みたいになっているジョディ・フォスター、もはやトロールにしか見えないジョン・C・ライリー、フランシス・ベーコンの画集にゲロをかけることでより新しい抽象絵画の手法を編み出したケイト・ウィンスレット、いつまでも携帯を手放さないクリストフ・ヴァルツ。 ポランスキーの中でも一番小規模な部類だろうが、凄い。 限られた空間の中、4人の登場人物が喚く、舞台のような内容だが、ちゃんと映画になっているのが凄い。

  • YOU

    どこにでもある子供同士のちょっとしたトラブルについて、その加害者・被害者の親である4人の夫妻がムキになって徐々に本性をさらけ出しながら言い争い、修羅場と化していく。 登場人物は4人だけで、舞台も被害者側の夫妻のマンションのリビングのみ。しかしそれを、様々な展開と演出で物語を何倍にも面白く拡大している。 夫妻対夫妻、夫達対妻達など、進むに連れて言い争いのチームが変わっていくのが最高に楽しい!それに合わせるようにそれぞれの座り位置が変わっていき、常に対立している構造が画的にも分かるようになる演出も面白い! めちゃくちゃいがみ合っているのに趣味のことになると途端に仲良くなる夫達が最高! そしてあのシュールなラストが絶妙過ぎる! 時間も80分と非常に短いので気軽に観れる! 誰にでもオススメできるタイプの作品でした。 ウォルター電話かけてき過ぎや!

  • sogo

    約1時間20分の作品で、2組の夫婦が子供の喧嘩での話し合い劇 と、思いきや段々と、ヒートアップしていき、子供の喧嘩の話から、夫婦(親)同士の喧嘩になったり、個人同士の喧嘩になったり、夫婦で喧嘩したりと、どんどん展開していく。 こちらも、「ああ、余計な事言わなくていいのに」って、初めはなるのだが、笑えてくるし、男ってそうだよねー女性ってそうよねー。とまるで、身近な他人事の気持ちになる。 まさに、会話劇。 こういう作品を、やってみたい(^^) 俺は、こういうの好き。 最後のオチも良い(クレジット中)

  • ぼー

    2016.08.28[71作目] DVD。ストーリーはなんてことないものだが、会話というか口論がすごくよかった笑。話のとっちらかりっぷりや誰が突然攻撃されるか分からない感じなどがリアルだった。題名が良く合ってる笑。

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 4 2016年6月8日

    ゲロスプラッシュ

  • U2

    ふーん、ジョディー・フォスターってこんな役柄も出来るんだ。 作品内容は他者を参照。

  • zun

    2011年公開フランス・ドイツ・ポーランド・スペイン [BS録画] 2015年に私が観た映画ベスト5位

  • 佐々木悠介
    佐々木悠介 3 2015年7月25日

    ジョディ・フォスターかわいい!

  • ののはな
    ののはな 4 2015年7月9日

    笑った。演劇っぽいと思ったら元は舞台劇なんですね。 子供の喧嘩に親が入り…2夫婦はスマートに解決しようとするんだけど、口喧嘩に発展。ゲロったり、酒呑んだり、ぶちまげるわ壊すわ。 テンポが良くて面白いワンシチュエーション。 論点から脱線するのも、あるある! 日頃の鬱憤が爆発するとこうなるのも、あるある(笑) ケイトはジャケットを脱いだり着たり。ジョディの顔の血管が浮き出てるのが怖かった~。 子供はすんなり仲直り出来るのに、大人はめんどくさいね~。

  • fmofmojimo
    fmofmojimo 4 2015年6月25日

    おとなってほんっとくっだらない。一時間半にもわたる、おとなのけんか。なんも面白くないのに、なんでか目が離せない。けど、すごく共感できる。いるいる、こんなひと、とか、あー、こういうむだな反論しちゃうやんなーとか。 ジョディー・フォスター。

  • kana

    2015.6.9 大人が喧嘩して罵り合って、終わった。 舞台っぽい作り。 夫婦vs夫婦 が、男vs女 に変わったり、そういうのは面白かった。

  • Ryoco

    登場人物4人のみ、同じ部屋で子供同士の揉め事で親同士がひたすらケンカしてる。 最初は猫被って良い夫婦演じてた2組の化けの皮剥がれてって色んな意味(笑)でぶちまけてく感じが笑えた(笑) シンプル過ぎる演出でここまで飽きずに楽しませてくれるポランスキー監督やっぱり凄いですね。

  • RiN

    アメリカ映画ってゲロ表現好きよね… ここ最近で一番リアルなやつでした。 二組の夫婦がこどもの喧嘩の仲裁のために話し合いの場を持とうとしたはずが、ひょんなことからおとな同士の大人気ない喧嘩に発展してしまう、というお話。 キャストはおとなの4人(ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー)のみ。舞台も片方の家族の部屋のみと、キャスト以外にお金はかかっていないんですが、名キャストによる会話劇が見事の一言。途中からスコッチも入り始め、シャレにならないジョークや売り文句の応酬にクラクラしちゃう。 オチは予想通りですが、バッカみたい(笑)となるわけですが、満足感がありました。

  • megu

    子供のもめ事から和解しようと両親達が話し合いに。両親4人でずっと1部屋にいるけどだんだんハチャメチャになる。 帰ろうとするも何度も部屋に帰ってくるし(笑)

  • あおき れいこ
    あおき れいこ 3 2015年4月6日

    「12人の怒れる男」が好きな人は楽しめる映画だと思う

  • ちゃんぺこ、
    ちゃんぺこ、 3 2015年2月2日

    あんまおぼえてないけど、 悪いとは言えないかな?(笑)

  • けいとん
    けいとん 2 2015年1月26日

    ワンシーンだけにするには無理矢理感がすごかった。いや、そこそのまま帰るでしょ

  • あやみ
    あやみ 3 2015年1月23日

    子どものけんかが原因でおとながけんか。 なんか笑っちゃった。人間らしい作品ですね。 キャストいいと思いました。 ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー。 クリストフ・ヴァルツが面白かった! やなやつで!!(笑) おとな面白い。みんないろんな持論もって生きてるんですよね。 そして小さな自信が壊れないように必死なんですよね。 肝心のこどものけんかはけっこうそっちのけだったけど、謎解き映画じゃないみたいだし笑って見られました。

  • Chinatsu Fukuda
    Chinatsu Fukuda 3 2015年1月1日

    クスッとね。