珈琲とエンピツ

珈琲とエンピツ

rating 4.5 4.5
2 2

『珈琲とエンピツ』とは

ろう者である映画監督の今村彩子が、静岡のサーフショップ&ハワイアン雑貨店で出会った、同じくろう者の店長・太田辰郎の人柄や魅力を捉えたドキュメンタリー映画。太田氏と彼のもとを訪れる客との間で交わされる筆談や身振りなど“言葉を超えたコミュニケーション“の様子を、2年間に渡る取材と取材を通じてじっくりと描いた心温まる1作だ。

『珈琲とエンピツ』のスタッフ・キャスト

『珈琲とエンピツ』の感想・評価・ネタバレ

  • koyomi12
    koyomi12 4 2012年12月1日

    横川シネマに、カミさんと観に行きました(最終日...ギリギリセーフ)。全てを包み込む太田さんの笑顔がスゴク印象的。お互いに分かり合えるのに、コミュニケーションの手段や方法は関係ないんだな。自分の仕事にも通じる大切なことだと再認識。

  • wiggling

    横川シネマにて。ろう者である若き監督が、同じろう者であるサーフショップ店長をとらえたドキュメント。誰とでも同じようにコミュニケートする店長を通して、監督自身が気付きを得て成長する様子が丁寧に描かれる。故に対象との距離感が独特で見応えのある作品になってます。お薦め。

『珈琲とエンピツ』に関連する作品