風にそよぐ草
風にそよぐ草
LES HERBES FOLLES
フランス・イタリア 2011年12月17日上映
rating 2.6 2.6
12 3

『風にそよぐ草』の感想・評価・ネタバレ

  • Ryoco

    ひったくりが捨てた財布を拾った初老の男性と財布の持ち主の女の熟年ラブストーリーなのかと思っていたら少し違った。 男には妻子が居るし、妻が謎。 夫が財布の女に浮ついてるのも複雑な表情で容認しちゃうし男は行動がストーカじみてる、何か奇想天外なストーリーでした。

  • RiN

    こんなにも終始、なんだこれは…!となっていた映画、珍しくはないんだけど、この映画はそれが苦痛ではないのが稀で、とても不思議だった。理解不能なんだけど、変なリズムというか、音楽的というか、もうちょっと眺めてるのも悪くないんじゃないか、と思っているうちに映画が終わってしまった。 この映画を撮った時のアラン・レネは90近かったそうなのだけど、なんだろう、子ども帰りなのかというほど自由奔放で摩訶不思議でシュールで軽快。 これ、Wikipedia見たらラブコメらしいんだけど、本気かよミスターって思った。 これ結構好きかもしれない

  • なぶ

    つっこんだら負けな気はしたがつっこまざるを得なかった。奥さんがとにかく謎なんだが、彼女の存在がこの作品のシュールさに一役かっていると思う。 ラストは色々と驚いた

  • じぇしか
    じぇしか 2 2014年5月3日

    私には早かったのかな…? わからなかった。

  • まりまりん
    まりまりん 0 2012年5月6日

    これはwこの監督さんの作品は未見ですが、もうファンタジー⁈不思議な世界‼ニヤニヤ→はぁ~→キュン→えぇっ→ぽかーん…てな感じで、なぜか引き込まれているのでした

  • tophelos
    tophelos 0 2012年3月4日

    2012/03/03 梅田ガーデンシネマ なんともシュールでなんとも摩訶不思議な映画。これがもうすぐ90歳になろうかという監督の作品だというのだから驚く。想像(妄想?)や回想が漫画の吹き出しのように表現されたり、クレーンからの俯瞰撮影が多用されたり、ライトに原色を大胆に使用したり、絵作りも非常にアグレッシブで、今流のテイストでは無いのだが、画面から何故か若さを感じさせる。人を食ったようなラストがまたなんとも。録画したまま観れずに置いてある同監督の「去年マリエンバートで」も早く観なくては。