あしたのジョー 劇場版

あしたのジョー 劇場版

1980年製作 日本 153分 1980年3月8日上映
rating 3.4 3.4
13 0

『あしたのジョー 劇場版』とは

原作は、1968年から1973年にかけて講談社の『週刊少年マガジン』で連載された、高森朝雄(梶原一騎)とちばてつやの国民的漫画『あしたのジョー』である。高森朝雄が原作でちばてつやが作画を担当している。テレビアニメシリーズが一旦終了した後、そのテレビアニメシリーズを再構成・編集し、劇場用の作品として製作された。 監督・脚本は、ディレクター、脚本家の福田陽一郎が担当。俳優・あおい輝彦が矢吹丈、俳優・細川俊之が力石徹を演じる。キャストは一部テレビシリーズとは異なる。

『あしたのジョー 劇場版』のあらすじ

不良少年の矢吹丈、通称「ジョー」は東京下町で元プロボクサーの丹下段平と知りあう。ジョーにボクサーの素質を見出した段平は、非行に走るジョーを見限ることはなく、ジョーが少年院に送られてからも「ボクシングの基礎」を毎日はがきに書いてジョーに送るほどだった。そしてジョーは少年院で力石徹という男に出会う。力石は後にジョーにとって運命をかけたライバルとなる男だった。出所後、ジョーは段平の指導の元デビュー。プロボクサーとして快進していく。そして同じくプロボクサーとして活躍していたライバル、力石との試合が決定した…。

『あしたのジョー 劇場版』のスタッフ・キャスト

『あしたのジョー 劇場版』の感想・評価・ネタバレ

  • rockcafet
    rockcafet 3 2012年9月28日

    観てて、すっきりする映画。男と男の拳の戦い。だれにも邪魔されない二人だけのリングの場所。主役の二人の肉体がすばらしく、ボクシング場面でもあまりCGを使わなく、力強くて、見応えあってよかったと思います。

  • yryotay
    yryotay 0 2012年4月4日

    あしたのジョー観ました!実写じゃないです!すごく面白かった。映画でダイジェストな感じで観るんじゃなくて、アニメシリーズ最初から最後までか漫画が読みたくなりました! 力石もジョーもカッコいい、ただ丹下のおっさんは割と短気なんですね(ーー;)

『あしたのジョー 劇場版』に関連する作品