ACACIA-アカシア-

ACACIA-アカシア-

rating 1.5 1.5
1 0

『ACACIA-アカシア-』とは

アントニオ猪木の映画初主演作品。2008年制作、2010年6月12日公開。第22回東京国際映画祭コンベンション部門公式出品作品。 ミュージシャン、作家、映画監督など多方面で活躍する辻仁成監督作品であり、自身の原作小説『アカシアの花のさきだすころ-ACACIA-』の映画化作品である。共演には石田えり、北村一輝、坂井真紀、川津祐介といった実力派が集結。映画初主演ながら、大きな体を折り曲げて縫い物をしたり、心優しい大魔神役を見事に演じ切ったアントニオ猪木が好演している。 元プロレスラーの孤独な老人が、親の愛情を知らずに育ち他人に心を許さない少年との出会いをきっかけに、過去の痛みを乗り越える勇気を得ていく姿を描くヒューマンドラマ。

『ACACIA-アカシア-』のあらすじ

片田舎のさびれた団地でひっそりと余生を送っていた元悪役覆面プロレスラーの大魔神(アントニオ猪木)。彼は、息子がいたが、息子へ愛情を十分に注ぐことができなかったことを心残りにしていた。そんな彼のもとに母親に置き去りにされた孤独な少年タクロウ(林凌雅)が転がり込んでくる。他人に心を許さない生意気なタクロウは、なぜか大魔神には素直に心を開く。温かな住人仲間たちに見守られ、そして函館の海とアカシアの木々に見守られ、束の間、二人は親子のように暮らす。やがて親子のようにお互いに絆を深めていく。 そして二人は現実に向き合う勇気を手に入れる為、大魔神はタクロウを父親に、タクロウは大魔神の前妻に、お互い引き合わせようとするのであった……。

『ACACIA-アカシア-』のスタッフ・キャスト

『ACACIA-アカシア-』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ACACIA-アカシア-』に関連する作品