サバイバル・オブ・ザ・デッド

サバイバル・オブ・ザ・デッド

Survival of the Dead
2009年製作 アメリカ 90分 2010年6月12日上映
rating 2.6 2.6
37 1

『サバイバル・オブ・ザ・デッド』とは

2009年に製作されたアメリカ映画である。ゾンピを主体に描いた作品であり、ジョージ・A・ロメロが監督を勤める。『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』の続編であり、アラン・ヴァン・スプラング演じる主人公のサージは、前作で主人公たちを襲った強盗として出演している。ゾンピが増え続ける世界、その中の一つの島であるプラム島を舞台として繰り広げられるゾンビとの戦いと、島民たち同士の派閥での戦いを描いたホラーサスペンス映画だ。

『サバイバル・オブ・ザ・デッド』のあらすじ

世界中で突如として死者が蘇り、人々を襲い始めるというニュースが報じられていた。そんな中、プラム島では死者は眠らせるべきというオフリー族と、それとも死者は生かしておくべきくというマルドゥーン一族が対立していた。抗争の中、数で勝るマルドゥーン一族は、オフリー族のリーダー・パトリック・オフリンら数名を島から追放してしまう。 一方、軍から脱走したサージ達は、強盗を繰り返しながら行く先求めて彷徨っていた。ある時、サージ達は死者が蘇ることのない安全な島・プラム島の情報を手にしていた。半信半疑であったものの島へと向かった一行だったが、そこで彼らが目にしたものは鎖に繋がれたゾンビ達であった。

『サバイバル・オブ・ザ・デッド』のスタッフ・キャスト

『サバイバル・オブ・ザ・デッド』の感想・評価・ネタバレ

  • かにみ
    かにみ 3 2015年11月14日

    ダイアリー~借りるの忘れてた 今回は島で対立する2つの派閥 女ゾンビが綺麗でスマート 今回生まれた新たなゾンビがこれからどうなるのか見てみたい

  • ぷく

    ゾンビ映画というよりも、じじいの西部劇だった。ゾンビを殺す派とゾンビを調教する派との抗争という着眼点は嫌いじゃないけど。内容が薄くてやたら長く感じた。

  • ゆう

    ダイアリー・オブ・ザ・デッドのと同じ世界とのことで鑑賞。 ダイアリー〜で主人公達から食料を奪ってく陸軍?の人たちがメインになるだけで同じ世界である理由は特になさそう。 デヴォン演じる青年が一見ナード系男子でナヨナヨしてるのに何故か銃の腕前は見事で打つ時だけは肝が座っているというキャラで彼が出てきたあたりが面白かった。 ただ、島に着いてからはおじいちゃん2人の古くからのいざこざがゾンビ世界になってさらに面倒な事になって二人の派閥の下殺し合うという正直見ていて呆れる抗争。 その中でも"人間はゾンビにとって餌でしかない派"と"調教すれば人間を食わないかもしれないから生かそう派"というところにまたもやメッセージ性を込めてきている。 正直そこまで無理矢理メッセージ性を込めなくても、、、と思ってしまいます。

『サバイバル・オブ・ザ・デッド』に関連する作品