闇の列車、光の旅

闇の列車、光の旅

Sin Nombre
2009年製作 アメリカ・メキシコ 96分 2010年6月19日上映
rating 3.3 3.3
32 13

『闇の列車、光の旅』とは

極限の貧困生活から脱するべく、不法移民として中南米ホンジュラスからアメリカへと向かうひとりの少女と、行動を共にするギャングの青年を軸に、過酷な現実と儚い恋をリアリズム溢れる描写で綴った異色ドラマ。貧困、最悪な治安、ギャング集団、そして日常的な暴力に蹂躙され続けている中南米の子供たちの現実をストレートに描く。 監督・脚本は、日系アメリカ人の新鋭キャリー・ジョージ・フクナガ。メキシコ出身の超人気若手俳優ガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナが製作総指揮を務めている。出演は、本作が映画デビューとなる新星エドガル・フローレスの他、パウリナ・ガイタン、クリスティアン・フェレールなど当時無名の新人たち。2009年インディペンデント・スピリット賞にて、作品賞他3部門にノミネートされた。

『闇の列車、光の旅』のあらすじ

中南米、ホンジュラス。極度の国家的貧窮状態から、最低限の生活すら保障されず貧困にあえぐ人々でごった返している。少女サイラもそのひとりで、父親は彼女が幼い頃、単身アメリカへ渡ってしまっていた。ある日、その父親が強制送還されて故郷に帰ってくる。アメリカに新しい家族をもうけたという父親だったが、サイラは複雑な想いを胸に、故国を捨てアメリカへと向かうことを決意。父親、叔父と共に出発する。 隣国グアテマラを経由し、メキシコへと辿り着いた一行は、目的を同じくする民衆たちと共にアメリカ行き貨物列車の屋根に乗り込む。だが国境まであと少しというところで、メキシコの凶悪なギャング団数人が屋根に乗り込み強襲。サイラは銃を突き付けられ暴行されそうになるが、それを見兼ねたギャングの少年カスペルにより助けられる。組織を裏切ったカスペルと共に、生命を賭けた逃避行が始まる。

『闇の列車、光の旅』のスタッフ・キャスト

『闇の列車、光の旅』の感想・評価・ネタバレ

  • 竪琴

    南米からアメリカへの密入国と、ギャングの掟を上手く絡めたお話です。悪の世界も必然性を感じさせてくれるので説得力もあり、同時に哀しい…これが現実なんだろな。まっすぐなサイラスちゃんのその後が光に導かれた旅でありますように。 2015.8.12.鑑賞

  • あやみ
    あやみ 2 2015年3月17日

    一生に一度は観ておきたい映画なんてfoxが銘打つから観ましたけど。 「 少しでも良い生活を求めてアメリカを目指す中南米の不法移民を巡る過酷な現実を背景に、移民を乗せた列車で運命的に出会った一組の若い男女が、苦難の旅路の中で心を通わせていく切なくも美しい姿をリアルな眼差しで描き出していく衝撃の社会派ヒューマン・ドラマ。」 現実こんなもんなのかもしれないけど、不幸ばかりだし主人公の感情に寄り添えなくて展開についていけんかった。

  • Shoji Ishii
    Shoji Ishii 3 2014年9月9日

    メキシコマフィアと一晩だけ飲んでみたい。 コレを見る限り、基本オニ。

『闇の列車、光の旅』に関連する作品