レイジング・ブル

レイジング・ブル

Raging Bull
1980年製作 アメリカ 129分 1981年2月7日上映
rating 3.7 3.7
41 14

『レイジング・ブル』とは

1940年代から50年代中頃まで活躍した実在のプロボクサー、ジェイク・ラモッタの自伝をもとにした映画。監督はマーティン・スコセッシ。主演のロバート・デ・ニーロは本作でも「デ・ニーロ・アプローチ」を実践、体重を27キロ増量させることで、ボクサーの美しい肉体と引退後の太った体型の両方を表現した。その成果もあり、第53回アカデミー主演男優賞など様々な賞を受賞している。キャストは他に、妻のビッキーにキャシー・モリアーティ、弟のジョーイにジョー・ペシ。

『レイジング・ブル』のあらすじ

ミドル級のボクサーであるジェイク・ラモッタは、デビュー以来の無敗記録を不可解な判定で途切れさせてしまい、弟でマネージャーのジョーイに怒りをぶつける。しかし時を同じくしてビッキーと出会い、彼女と結婚した。その2年後には宿命のライバルであるシュガー・レイ・ロビンソンを下したが、直後のリターンマッチでは再び不利な判定のため敗北する。 チャンピオンになりたいラモッタは、八百長試合の誘いを受け入れて格下の相手にわざと負け、その代わりにチャンピオンへの挑戦権を得る。その試合に勝利して見事にチャンピオンになるが、一方では妻ビッキーへの猜疑心をつのらせていた。

『レイジング・ブル』のスタッフ・キャスト

『レイジング・ブル』の感想・評価・ネタバレ

  • おーば
    おーば 4 2016年3月5日

    デニーロ×スコセッシ。引退後はぶくぶくに太って腹まで出てたな…命をかけた役作り。必見かも!

  • syn490

    記録用

  • Ryoco

    まず序盤の肥満気味の中年がデ・ニーロ・・・役作りのために体重を増量させた彼の伝説的な武勇伝で有名なのは置いといて本当によく見ないとデ・ニーロだって気付かない(笑) 映像がモノクロのおかげでグローブがパンチを放つ音が強烈に耳に残る。 ファイトシーンはロッキーの方が好きだけど主人公の人生観の描き方はレイジングブルの方がカッコいい。

『レイジング・ブル』に関連する作品