遊星からの物体X ファーストコンタクト

遊星からの物体X ファーストコンタクト

THE THING
アメリカ 2012年8月4日上映
rating 3.3 3.3
88 6

『遊星からの物体X ファーストコンタクト』とは

ジョン・カーペンター監督の代表作であり、SFホラーの金字塔である『遊星からの物体X』の前章譚。南極大陸で発見された未知なる生命体を調査しに来た人々が“それ“と遭遇し疑心暗鬼に陥る様をスリリングに描く。予想のつかないストーリー展開はもちろんのこと、新旧技術の合わせ技で描かれる“それ“の異形にも注目したい。

『遊星からの物体X ファーストコンタクト』のスタッフ・キャスト

『遊星からの物体X ファーストコンタクト』の感想・評価・ネタバレ

  • 315

    しっかり怖い

  • enchang318
    enchang318 3 2017年5月4日

    99.2017.5.4

  • タマキ
    タマキ 3 2017年2月6日

    前作から続けて視聴。前作へのリスペクトかビシビシ伝わってくる作品だった。 前日譚として、ちゃんとラストシーンが自然に前作に繋がってたのが良かったな。 曲も前作のオープニングと同じだったし。 どうしてオープニングで執拗に犬を殺そうと追いかけていたのか。 焼かれた跡があった2つの頭のエイリアンは何だったのか。 血塗れの壁に斧が刺さっていた訳も、首を切って死んでいた人のことも、丁寧に謎解きをしていった印象。 前作の血のテストに代わって、今回は歯の詰め物チェックになったんだけど、このチェックの不十分さがまた良かった。 前作は確実に“それ”を見つけられるのに対して、今回は“それ”じゃない人しか分からないから、虫歯じゃない人やセラミックの人は疑うしかない。 前作を観てる人間としては、血を調べれば1発で見つけられるのは分かっているので、それが出来ない状況にして別の不完全な方法で探るっていうのはマンネリにならなくて良かったと思う。 ケイト役の女優さんが可愛くて逞しくて良かった。 エイリアンの造形のショッキングさは前作の方が上だったかな。

『遊星からの物体X ファーストコンタクト』に関連する作品