テイク・ディス・ワルツ

テイク・ディス・ワルツ

TAKE THIS WALTZ
rating 3.6 3.6
109 71

『テイク・ディス・ワルツ』とは

『死ぬまでにしたい10のこと』で一躍注目を集めた女優サラ・ポーリーによる監督第2作。幸せな結婚生活を送る女性が、自分の中にある言い表せない気持ちと向き合い本能と理性の間で揺れる姿を繊細に描く。主演は『マリリン7日間の恋』などのミシェル・ウィリアムズ。セス・ローゲンとルーク・カービーがそれぞれタイプの違う男性を演じた。

『テイク・ディス・ワルツ』のスタッフ・キャスト

『テイク・ディス・ワルツ』の感想・評価・ネタバレ

  • Kochinchan
    Kochinchan 3 2016年1月26日

    ブルーバレンタインの女優とセスローゲンってので観ました なんとも言えね〜感じで好き

  • Ryoco

    良き夫に恵まれながらも他の男に惹かれていく人妻をミシェル・ウィリアムズが演じています。 浮気をお洒落に美化し過ぎじゃない?・・・と感じたけど鑑賞後は全く別の感想になりました。 刺激を求め続けてたどり着く先は果たして何処なんだろうか?って感想に変わりました(笑) でもセス・ローゲン演じる夫のほうが優しくてユーモアがあるし一緒に居て楽しそうなのに捨てるなんて許せん!ってのが正直な感想。

  • halka

    恋愛のむずかしさを痛感した。

『テイク・ディス・ワルツ』に関連する作品