籠の中の乙女
籠の中の乙女
KYNODONTAS、DOGTOOTH
ギリシャ 2012年8月18日上映
rating 3.5 3.5
35 40

『籠の中の乙女』のsouthpumpkinの感想・評価・ネタバレ

southpumpkin
southpumpkin 4 2015年6月22日

ずっと気になっていたのですがこの度ようやく鑑賞。外の世界と断絶された三人の子どもたち。父によって支配されるその狂った世界の中で、しかし子どもたち(もう20歳近いのかな…)は楽しそう。ひょんなことから下界の知識を手に入れたことによって起こる家族の崩壊を描いた映画。 思ったよりも映像美に優れていて、その分派手さはなくエンタメ作品ではありません。やや刺激を求めて鑑賞した部分はあるのですが、それの満足度には達しませんでした。しかしその落ち着いた映像の中に孕む狂気というのは言いようもない気持ち悪さを感じます。長男が父の絵を描いている(実際に描いている映像は無し)のですが、これがどうにも独裁国家の肖像画に見えてなりません。 ラストの暗示もかなり好き。僕はダメだったんだろうなあ、と思います。