最強のふたり
最強のふたり
UNTOUCHABLE
2011年製作 フランス 113分 2012年9月1日上映
rating 4.1 4.1
1760 316

『最強のふたり』のHM world-travellerの感想・評価・ネタバレ

HM world-traveller
HM world-traveller 4 2015年4月20日

人と人との関係って最後は結局『相性』の持つ力が大きいのかなと思う。友人だけでなく、夫婦や恋人、そして血のつながりのある兄弟でさえも。 フィリップに対して障害者だからといって気を使ったりしないドリスの言動は、フィリップにとって新鮮で心地良いものだったのだろうし、フィリップもまたドリスに対して前科や人種を理由に不採用や解雇はしなかった。でも『このお菓子は健常者用だからあげないよ〜』と言われて、ジョークだと笑い飛ばせない人もいると思うし、同じことを言われても受けとめ方や反応は人それぞれのはずで、それこそが相性の成せる技なのかなと。この2人の関係は最高なのは確かだけど、ドリスの接し方がすべての人に通用するとも思わないです。 ストーリーは、実話ベースのためかドラマティックな演出はなくてどちらかと言えば淡々と話が進むけど、過剰な演出による感動の押し付け感が無いところが逆に良かった。ドリス役のオマール・シーの笑顔もめっちゃいい!好きです。セリフは少々下品だけど^ ^; 。