日本のいちばん長い日

日本のいちばん長い日

1967年製作 日本 157分 1967年8月3日上映
rating 4.2 4.2
14 5

『日本のいちばん長い日』とは

大宅壮一名義で当時編集者であった半藤一利が取材・編集した同名原作を、『上意討ち -拝領妻始末-』の橋本忍が脚色し、『喜劇 駅前競馬』の村井博が撮影、『殺人狂時代』の岡本喜八が監督を努め映画化。1967年東宝創立35周年記念作品の一つとして製作された。 1945年(昭和20年)8月14日の正午から、玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの激動の24時間を描いた終戦秘話で、『東京物語』の笠智衆、『七人の侍』の宮口精二、『非情のライセンス』の山村聰、『黒部の太陽』の三船敏郎、『修羅雪姫』の黒沢年男らが出演。劇中のナレーションは『乱』の仲代達矢が担当した。

『日本のいちばん長い日』のあらすじ

1945年(昭和20年)7月。戦局が厳しさを増す中、日本に無条件降伏を求める米・英・中のポツダム宣言が発表された。昭和天皇(八代目松本幸四郎)や鈴木貫太郎首相(笠智衆)以下閣僚たちによる御前会議において連日閣議が開かれ議論が重ねられる。 降伏か、それとも本土決戦か結論が出ないまま8月に突入。広島・長崎に原爆が投下され『一億玉砕論』との声も上がる中、昭和天皇は終戦を決意し、日本最大の決断が下されるのだった。 しかし、8月15日正午の全国ラジオ放送を前に、降伏に反対する畑中健二少佐(黒澤年男)を始めとする若手将校らは玉音放送を流させまいとクーデターを企て、皇居やラジオ局占拠に向け動き始める。

『日本のいちばん長い日』のスタッフ・キャスト

『日本のいちばん長い日』の感想・評価・ネタバレ

  • しょん
    しょん 4 2016年12月13日

    正直、現代版より良かった。無駄に心情に依ることなく、出来事を淡々と多角的に描くことで、当時の混乱の様子がありありと表現されていた。

  • Kawamura

    三船敏郎が演じる阿南がすごい。割腹のシーンは迫力満載。こちらの方が原作をリスペクトしている。

  • 保津稔
    保津稔 4 2016年10月18日

    不勉強なもんで宮城事件についてはほとんど知らず、面白かったし勉強にもなった。多少混乱するも関連本でも読もうという気になったし。役者さんの熱量も凄くて、迫力満点。しかしこのドラマの裏で何百万人の人が死んだ、という事実を最後にちゃんと添えて、単なる「戦争を止めた美談」にしていないのがまたグッド。始めたのもこいつらなんよな。

『日本のいちばん長い日』に関連する作品