赤ひげ
赤ひげ
1965年製作 日本 185分 1965年4月3日上映
rating 4.5 4.5
21 4

『赤ひげ』のminceの感想・評価・ネタバレ

mince

赤貧と不幸にまみれた患者が集まる江戸養生所。渋々詰めることとなった若い医師。若気ゆえの欲、猜疑心、憐憫、怒り、正義、自尊心が人間の死に様に直面することで琢かれてゆく。そこにいたのは仁の人「赤ひげ」西宮5。山本周五郎原作で黒澤明が見せるのは誰ぞが悪いぞみたいな安っぽいもんじゃない。2015年10月9日 ツイートのレビューがよさ気だったので観劇。現代映画や小説が言葉と色と音に溢れんばかりで伝えようとするのに。この真逆さでこの感動。素朴さとかではないなにか。表面張力同士が溢れて静かに引っ付くような気持ち。この映画好きだ。繰り返し観ることが叶う数少ない映画のひとつになりそう。