書道ガールズ!!わたしたちの甲子園

書道ガールズ!!わたしたちの甲子園

2010年製作 日本 121分 2010年5月15日上映
rating 3 3
46 5

『書道ガールズ!!わたしたちの甲子園』とは

2010年に公開された日本映画で、全国の高校書道部が参加してパフォーマンス書道の日本一を決める「書道パフォーマンス甲子園」を題材とした作品。愛媛県立三島高等学校の書道部が地元を盛り上げるためにおこなった書道パフォーマンスが話題となって全国に名前が知れ渡り、その実話を基にして本作が制作されることになった。 監督は『マリと子犬の物語』の猪股隆一が担当。脚本は『ミニモニ。 じゃムービー お菓子な大冒険!』の永田優子が務めている。出演は成海璃子・山下リオ・高畑充希・小島藤子ほか。全国公開に先駆け、出演者5人が池袋サンシャインシティ噴水広場で書道パフォーマンスをおこない話題となった。

『書道ガールズ!!わたしたちの甲子園』のあらすじ

書道展で賞をもらったことはあるが、まだまだ父に認められないでいる書道部部長の早川里子。彼女は書道に対する姿勢をめぐり、他の部員たちとは対立してばかりだった。 そんな中、書道展を間近に控えたある日、産休に入った顧問の代わりに臨時教員の池澤が書道部の顧問となるが、彼は教える気が全くない。しかし部員たちの前で池澤が「パフォーマンス書道」をやって見せたところ、それが大好評。清美は実家の文房具店の呼び込みのためパフォーマンス書道をやりたいと言い出した。 当日は他の部員たちも参加して初めてのパフォーマンスが行われるが、みんなの心がひとつにならず失敗に終わってしまった。そんな中、里子は商店街に活気を取り戻すため「書道パフォーマンス甲子園」の開催を提案する。

『書道ガールズ!!わたしたちの甲子園』のスタッフ・キャスト

『書道ガールズ!!わたしたちの甲子園』の感想・評価・ネタバレ

  • iii_beta
    iii_beta 1 3月23日

    セクハラとか男尊女卑とかよく聞くし、そういうのを見て悲しくなることは多々あるが、その逆もまた悲しいんやなと。演出やとは勿論わかってはいるけど、あまりに男子生徒へのアタリが強すぎて、可哀想で、見ててなんかしんどかった。 事あるごとに人に墨をぶっかけるのも、おちゃらける方向がなんか違うんじゃないかなぁ…。 更には言葉の響きにも違和感ありまくり。伊予弁を完璧にわかってるわけじゃないけど、胡散臭い関西弁アクセントも混じってて、まあどうせならいっそ標準語にしててほしい。 実話をベースにしていてお話自体は面白かったからこそ残念な気持ち。 あ、あっくんは素敵でした!

  • ことね。
    ことね。 3 2017年1月11日

    20170105 充希ちゃんの歌はやっぱり上手

  • AI Kitamura
    AI Kitamura 3 2015年3月21日

    青春

『書道ガールズ!!わたしたちの甲子園』に関連する作品