ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

2012年製作 日本 95分 2012年11月17日上映
rating 3.4 3.4
415 19

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』とは

絶大な人気を誇るテレビアニメーション「新世紀エヴァンゲリオン」劇場版シリーズの第3作。テレビシリーズのストーリーを踏襲していた前々作・前作と違い、今作は前作の14年後を舞台とした完全な劇場版オリジナルストーリーとなっている。 タイトルのQは、序破急の「急」から変換されたもの。全国224スクリーンで公開され、興行収入は52億円を突破。観客動員数382万6472人を記録し、2012年に公開された映画の興行収入ランキング4位という優秀な成績を残した。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のあらすじ

「ニアサード・インパクト」後の世界。式波・アスカ・ラングレーに連れ戻された掟シンジは、14年間もの間、自分が眠りについていたことを知る。 日本では葛城ミサト率いる反NERV組織「ヴィレ」が、迫り来る使徒やかつて利用していたエヴァンゲリオンらを殲滅させようとしていた。シンジはその光景を目の当たりにし、事態を飲み込めず困惑するばかり。 その時、エヴァンゲリオンMark.09がヴィレの艦艇を襲ってきた。Mark.09の目的はシンジを連れ戻すことであったが、シンジはMark.09から綾波レイの声を聞き、ミサトらが止めるのも聞かず自らNERV本部へと向かおうとする。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のスタッフ・キャスト

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の感想・評価・ネタバレ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に関連する作品