希望の国

0000年 日本・イギリス・台湾
rating 3.3 3.3
76 16

「希望の国」のスタッフ・キャスト

「希望の国」の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 4月29日

    3.11以降の日本。原発のある長島県という架空の県を大震災が襲います。 園子温らしさを感じる映画ですが、「反原発」という社会的なメッセージを込めたという意味では唯一の映画です。例えば序盤の食卓のシーンなど、中期の園子温が熱心に語っていた「家族の形」を想起させますが、エグさはありません。むしろ成熟しあっさりとした印象。父親への強い愛を推しているのは『ちゃんと伝える』と同じです。本作の息子はファザコンに近いレベルの依存。園子温の亡き父親への想いの強さを感じますね。神楽坂恵の癖のある演技なども園子温節ですが、全体的には薄味。特濃映画『地獄でなぜ悪い』の直前に撮られたとは思えません。園子温監督作の熱量の振れ幅は三池崇史が見習うべきです。 本作は園子温の映画的テクニックがすべて「反原発」という社会派メッセージに集中していると言えます。このメッセージと映画的な面白さは両立していましたが、後半の失速は見逃せません。

  • theskinheads
    theskinheads 5 2015年11月25日

    男はつらいよシリーズを1作品として数えたら個人的に好きな邦画トップ5には入る。 愕然とした。園子温は本当に鬼才だと思ったね。だってここまでタブーに踏み込む映画って日本にあるか? 震災が起こってすぐ福島に出向いて原発をテーマにした映画を作るなんて、道徳的にも難があるだろうけど、そこなんか気にしてないよ、今しか撮れないものを撮ろうっていうところが監督の思うところなんだろう。 ホラーを色々と見てきたけどこういうのが人にとって一番怖いんじゃないかな。方向性は違うけど。 涙が止まらなくて最後の希望の国ってロゴが滲んで見えたよ。その希望の国ってタイトルだけでも最高だよな。放射能がダダ漏れになってるのに国がろくな動きをしないってことを散々ディスってるくせにこのタイトルだよ。皮肉だよね。 もうこの映画について話したらいくらでも話せるってくらい衝撃で観終わった後は一日中頭が真っ白だったよ。 泣いて泣いて、最後に頭を思いっきり殴られた感じ。園子温の愛のむきだしを観た大学の友達が「泣きながら笑ってゲロ吐いたって感じ」って言ってたけどそれって本当に園子温ワールドを表してると思うんだよね。今はわりとキャッチーな作品を撮ってて制約も色々と加わってつまらない映画も撮るだろうけど、その世界観は大事にしてほしいと思う。 ラストが衝撃ってうたう映画吐いて捨てるほどあるけどこの映画を超えるのは観たことがない。 喪失感、虚無感で一杯になるラストを観る勇気があるなら是非観てほしい

  • ayamilky
    ayamilky 2 2015年1月21日

    一応未来の架空の話なんだけど、原発とか大地震とかでだいたいどこを題材にしてるのかは考えてしまう。 安全ってなんだろう。 生きるってなんだろう。 最初はその空気についていけなかったけど、キャストの演技に少しずつ引き込まれていきました。

関連する記事

「希望の国」に関連する作品