黄金を抱いて翔べ

日本
rating 3.1 3.1
126 18

「黄金を抱いて翔べ」とは

1990年に日本推理サスペンス大賞を受賞した高村薫の同名小説を『パッチギ!』の井筒和幸監督が実写化。妻夫木聡、浅野忠信、西田敏行、桐谷健太ら豪華キャストが扮する6人の男たちが、大阪の銀行地下に眠る180億円分の金塊を強奪しようと大胆不敵な作戦を開始する。登場人物たちの生き様と、痛快な物語運びに魅了される1作だ。

「黄金を抱いて翔べ」のスタッフ・キャスト

「黄金を抱いて翔べ」の感想・評価・ネタバレ

  • ____RiN____
    ____RiN____ 3 2015年11月18日

    どこか退廃の雰囲気を持つ男たちが集まり、20億にもなる金塊強奪をもくろむ犯罪映画。 ジャパニーズ・フィルムノワールってところでしょうか。しかし、韓国映画のそれに比べるといまいち雰囲気不足。惜しい。 アクションも華麗、脚本も、キャラクター分けも、日本の同ジャンルの他映画に比べるとずっと気合が入っているように観えました。何が足りなかったんだろう…もっと映像技法を特徴的にするとか、BGMごりごりにするとかですかね。とにかく特徴がない。よくあるドラマ映画とは全然違うテイストのラストに導くのに、導入部分も流れも、すべてがいつも通りなのはまずい。これだと観客はラストシーンで「えっ?」ってなっちゃいます。薄々、これはいつもと違うぞ、って思わせておいてくれなきゃ。 しかし、フィルムノワールに挑戦してくれたのは嬉しい。もっともっと、このジャンルの邦画が充実するとキャッキャします(わたしが)。

  • chaso1203
    chaso1203 3 2015年9月10日

    普通におもしろかった。

  • dieback
    dieback 1.5 2015年9月4日

関連する記事

「黄金を抱いて翔べ」に関連する作品