ヘルプレス

Helpless
1996年 日本 80分
rating 3 3
23 4

「ヘルプレス」の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3.5 3月3日

    浅野忠信演じる青年は、幼馴染であり出所したばかりの暴力団組員の男に、しばらく鞄と妹を預かっていてほしいと言われる。二人は待ち合わせ場所の喫茶店で待っていたが…。 三か所の喫茶店のシーンがこの映画の肝になっています。特に無愛想な夫婦が営む喫茶店のシーン。このシーンの緩急はタランティーノっぽさを感じます。登場人物全てに感情移入ができず、誰一人の行動も読めない。何の気なしに始まった喫茶店のシーンがこんなに壮大なスケールになるなんて。ただ感情移入が全くできないにも関わらず、助けを求めていることを節々に見て取れます。誰しも人の子なんだなあ…。 大変映画に詳しい方が青山真治が好きで本作をお勧めしてくれました。彼の好きな監督に黒沢清がいることに納得できます。本作にも人が突然死ぬことで、日常から一転非日常へと転がっていきます。喫茶店はもしかすると"日常"というアイコンそのものなのかもしれません。

  • Shearer
    Shearer 0 2015年2月13日

    20150213

  • kirakira_no_uta
    kirakira_no_uta 2 2014年5月4日

    Helpless(1998) 穏やかな風景や音楽に普通の日常。その中にある狂気が静かに描かれていて面白かった。「ワァー‼︎」ってやるんじゃなくて淡々としていた。なんだか、光石研が出てくると緊張感が走る。次何やらかす⁉︎みたいな。すぐ撃っちゃうし。