007 ロシアより愛をこめて

007 ロシアより愛をこめて

From Russia with Love
1963年製作 イギリス 115分 1963年10月10日上映
rating 3.4 3.4
64 2

『007 ロシアより愛をこめて』とは

世界中で大ヒットを記録したスパイ映画の金字塔「007」シリーズ。初代ジェームズ・ボンドを演じたのは『レッド・オクトーバーを追え!』、『ザ・ロック』などの名俳優ショーン・コネリー。殺しのライセンスを持つ紳士スパイが、悪の組織へ戦いを挑む姿を、華麗なアクションと、セクシーな魅力で見せる。監督はこの後も三作にわたりシリーズを務めたテレンス・ヤング。

『007 ロシアより愛をこめて』のあらすじ

英国諜報部に一人の女性がおとずれる。彼女の名はタチアナ。ソ連情報部から最新式の暗号を持ち出してきた。彼女は直々に英国諜報員のジェームズ・ボンドを指名する。ボンドは事が順調に運ばれていくことに違和感を覚えはじめる。実はこの背景には国際的秘密結社の首脳部の思惑が絡んでいた。いち早く陰謀に気が付いたボンドは、首脳部に利用され危険にさらされているタチアナを連れ逃亡をはじめる。そんな彼らを追い、数々の刺客たちが襲い掛かり......。

『007 ロシアより愛をこめて』のスタッフ・キャスト

『007 ロシアより愛をこめて』の感想・評価・ネタバレ

  • やじろべえ
    やじろべえ 3 2019年6月8日

    「ボンドと寝なさい」ってセリフに反応して、「いま、寝ろ」って言ったよね…と、母に尋ねた小学生の俺。 色気が出だしたあの頃が懐かしい。

  • 魔グナス
    魔グナス 4 2016年11月2日

    007の1作目から続けて視聴。びっくりした、凄くよくなっていた。前作の淡々とした感じから一気に情熱の007に。そしてオープニングとラストのセンスに胸を打たれた。こんなにエロくて、そして綺麗なものをスマートに作れるなんてすごすぎる。 ダニエラビランキがほんっっっとうに美しすぎる。なんだアレ。女神か。もう最高。 今回は敵がちょっとわかりづらかったり、翻弄されている感じが凄く凝っているなと思った。そしてやはり007は弱くって、強い。よくわからないかもしれないけど、強くて弱いんじゃなくて、弱くて強い。 三作目も楽しみ

  • エミデブ
    エミデブ 3 2016年10月16日

    世間的に評価の高いジェームズ・ボンド第二弾 スタイリッシュ性・ボンドポイント…7点 2作目で色男、渋いなどのイメージが定着した 事件(ストーリー)・敵…8点 暗号解読機という国家間の争いに相応しい事件。ラスボスの印象はあまり強くないが刺客がいい味を出している。 アイテム・乗り物…6点 ストーリーのキーになるアイテムが登場するが必要の無い物も入ってる気が、、、 ボンドガール…6点 キレイな女性であるのは前提として、後半の活躍は見ものである。 舞台…6点 ロシアより愛を込めてというからロシアかと思いきやイスタンブールやベネチアなどを回る。 原題・タイトル…7点 「From Russia With Love」劇中でボンドがマニーペニーに贈る言葉。観る前から知っているほど頭に残りやすいロシアより愛を込めてという邦題もキャッチーで好きです プレタイトル・テーマ曲…5点 この作品からプレタイトルが挿入されるようになる。前衛的で、なんともセンスがある。曲は前作にカッティングギターを挿入したようなものだがかなりのヒットだったらしい。 合計…45 平均点…6.4 ÷2=3.2 おまけ…特になし。 結果…3.2 まとめ 前作に比べかなり洗練されている。世間的に評価されているのも納得の仕上がりだった。

『007 ロシアより愛をこめて』に関連する作品