007 ロシアより愛をこめて

From Russia with Love
イギリス
rating 3.4 3.4
60 2

「007 ロシアより愛をこめて」の感想・評価・ネタバレ

  • maglmag
    maglmag 4 2016年11月2日

    007の1作目から続けて視聴。びっくりした、凄くよくなっていた。前作の淡々とした感じから一気に情熱の007に。そしてオープニングとラストのセンスに胸を打たれた。こんなにエロくて、そして綺麗なものをスマートに作れるなんてすごすぎる。 ダニエラビランキがほんっっっとうに美しすぎる。なんだアレ。女神か。もう最高。 今回は敵がちょっとわかりづらかったり、翻弄されている感じが凄く凝っているなと思った。そしてやはり007は弱くって、強い。よくわからないかもしれないけど、強くて弱いんじゃなくて、弱くて強い。 三作目も楽しみ

  • theskinheads
    theskinheads 3 2016年10月15日

    世間的に評価の高いジェームズ・ボンド第二弾 スタイリッシュ性・ボンドポイント…7点 2作目で色男、渋いなどのイメージが定着した 事件(ストーリー)・敵…8点 暗号解読機という国家間の争いに相応しい事件。ラスボスの印象はあまり強くないが刺客がいい味を出している。 アイテム・乗り物…6点 ストーリーのキーになるアイテムが登場するが必要の無い物も入ってる気が、、、 ボンドガール…6点 キレイな女性であるのは前提として、後半の活躍は見ものである。 舞台…6点 ロシアより愛を込めてというからロシアかと思いきやイスタンブールやベネチアなどを回る。 原題・タイトル…7点 「From Russia With Love」劇中でボンドがマニーペニーに贈る言葉。観る前から知っているほど頭に残りやすいロシアより愛を込めてという邦題もキャッチーで好きです プレタイトル・テーマ曲…5点 この作品からプレタイトルが挿入されるようになる。前衛的で、なんともセンスがある。曲は前作にカッティングギターを挿入したようなものだがかなりのヒットだったらしい。 合計…45 平均点…6.4 ÷2=3.2 おまけ…特になし。 結果…3.2 まとめ 前作に比べかなり洗練されている。世間的に評価されているのも納得の仕上がりだった。

  • Taku
    Taku 3 2015年12月27日

    新作の予習にと、改めて鑑賞。 ショーン・コネリーのジェームズ・ボンドは渋いですね、やっぱり。 イスタンブールを中心にオリエンタルな雰囲気が出ています。 単純に、ダニエラ・ビアンキが綺麗過ぎて。60'sのマネキンみたいな美しさのブロンド女性は割りと好きです。 好み抜きにしても、本当に綺麗。描かれ方も時代背景を考慮した上ならば、かなり知的に描かれてるのでは。 (現代の観点から観ると、女って生き物はこれだから…的な描かれ方ですが。でも、だからこそかわいいのかな?) オープニングの芸術的エロス!的な、女性の身体にクレジットを刻む演出が面白かったです。男性をとりあって女性同士が戦う儀式や、ポルノを撮って脅す、なんてのもなんだか現代的だったり。 「女性」が、密かにクローズされてる印象。基本的に、美しく描かれていますが、ババアが喧しい。。 後、ボンドとタニアのツーショットが、ボニーとクライドっぽいなー、なんて思ってました。が、確認してみたらボニーアンドクライド(俺たちに明日はない)の方が後なんですね!

関連する記事

「007 ロシアより愛をこめて」に関連する作品