女王陛下の007

007 On Her Majesty's Secret Service
イギリス
rating 3.4 3.4
26 2

「女王陛下の007」の感想・評価・ネタバレ

  • theskinheads
    theskinheads 3.5 2016年10月18日

    レーゼンビーが演じる2代目ジェームズ・ボンドは如何に!? スタイリッシュ性・ボンドポイント…6点 序盤で女性を殴らなかったらポイントはもっと高かったがアクションに関してはコネリーよりも若々しさを感じ、特にスキーのシーンとラストのシーンは凄い。レーゼンビーすごいってなる。コネリーの渋さがないのが惜しいところだ 事件(ストーリー)・敵…5点 今回の敵の策略は女性たちを洗脳してウイルスを撒き散らすこと。あまりに回りくどい。事件自体はパッとしなかった。ラストを加味してこの点数 アイテム・乗り物…4点 アイテムはあっただろうか、、、。スキーとボブスレーを乗り物にしたら4点 ボンドガール…10点 今の所、個人的にベストなボンドガールだった。普段はツンツンして強気な彼女の気持ちを考えると同情的になってしまう。 舞台…9点 派手な舞台ではないがスイスの雪山で、スキーやボブスレーをするのは水中でのサンダーボールと並んで印象的なものになった。唯一無二の存在である。 邦題・原題…4点 on her majesty's secret serviceはもっとシンプルにまとめても良かったと思う。特に酷いのは邦題で女王陛下とはなんのことやらという感じだ。 プレタイトル・テーマ曲…7点 プレタイトルは過去の作品の映像も流れながら、いつものシルエットを砂時計やカクテルなどでオシャレにまとめていた。テーマ曲はインストゥルメンタルであるが、曲の雰囲気はいつも継承されていて素晴らしい。 合計…45 平均点…6.4 ÷2=3.2 おまけ…Mとボンドとマニーペニーの心温まるストーリー0.4点 結果…3.6 まとめ レーゼンビーは、賛否両論あるもののアクションのキレが良かった。ファンからしたらコネリーとは一長一短であると思うが、個人的にはコネリーの方が英国紳士感が強かった。 そしてこの映画はステイシーがいなかったらもっと評価は低かった。最高のボンドガールである。

  • Starmax
    Starmax 3.5 2015年12月12日

    シリーズでもかなり好きな題名

  • halu1211
    halu1211 3 2015年11月25日

    記録用

関連する記事

「女王陛下の007」に関連する作品