007 ダイヤモンドは永遠に
007 ダイヤモンドは永遠に
007 Diamonds Are Forever
1971年製作 イギリス 125分 1971年12月18日上映
rating 3.1 3.1
31 2

『007 ダイヤモンドは永遠に』のエミデブの感想・評価・ネタバレ

エミデブ
エミデブ 3 2016年10月18日

ショーンコネリーの復帰!なんか急に老けたけど大丈夫か!? スタイリッシュ性・ボンドポイント…7点 さすがショーンコネリーと言わざるを得ない。レーゼンビーも良かったが、渋さが段違いだった。 事件(ストーリー)・敵…6点 ダイアモンドの下りはシリアス路線でかなり良かったのだが、それで衛星を作ってレーザー攻撃を目論むというのはSFに行きすぎ。サンパーとバンビには笑わせてもらったからまだ得点高め。最後まで粘る2人組もかなり面白い。 アイテム・乗り物…7点 何と言っても、劇中のカーチェイス。これはかなり見もの。とはいえ特殊装備はなく出てきたものといえば大体Mが使ってた ボンドガール…1点 エロいだけで能無し。海に落下する時も下を見まくってる演技のダメさ。今の所最下位。 舞台…10点 お金がかかってる映画にあるあるのラスベガスが舞台。アメリカに行った時に泊まったサーカスサーカスやオールドベガスのゴールデンナゲットもあって個人的にワクワクした。 原題…3点 Diamonds are foreverという当たり障りのないタイトルな上にダイヤモンド以外作品にあまり関わってない。原作には関わっているらしいが今回は衛星が残ってるからくらいの浅さだとか。 プレタイトル・テーマ曲…6点 曲こそよかったもののプレタイトルは、ここにきて意外にもチープ。いつものセンスある映像を観たかった。 合計…40 平均点…5.7 ÷2=2.9 おまけ…ブロフェルドを見極めるための猫を使った策 0.1点 エレベーターでのスリリングなボンド 0.2点 結果…3.2 まとめ 最高の舞台を使ったが、ギャグ路線に走りすぎた感が否めない。最後までポンコツなボンドガールにも情は全く湧かなかった