マーサ、あるいはマーシー・メイ
マーサ、あるいはマーシー・メイ
Martha Marcy May Marlene
2011年製作 アメリカ 102分 2013年2月23日上映
rating 3.1 3.1
41 20

『マーサ、あるいはマーシー・メイ』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2020年3月30日

    カルト宗教から逃げてきた少女が姉の元で送る生活 カルト宗教との出会いと姉との生活との再開。それぞれが交互に映される。この映画ではカルトの人々とカルトではない人々をあちらとこちら、で捉えることをしない。あくまで二者を並列に取り扱う。これによりカルト宗教そのものにも心を寄せることができるのだ。マーシー・メイとしての生きやすさとマーサとしての生きづらさ。もしかすると洗脳されているのは我々の方かもしれない、とまで思わせてしまう。ラストはこの交互に映す仕掛けが作動し、曖昧で見事な演出もある。 映画の雰囲気が『卒業』に似ていたのは意図されているのだろうか。オチも同じだったし。さらに『ロブスター』はこの映画から影響を受けているのだろうと思う。 エリザベス・オルセンは最高。

  • ののはな
    ののはな 3 2015年6月16日

    エリザベス・オルセンって、双子のお姉ちゃん達と比べるとナチュラル度高い。演技力も抜群。 カルト教団から逃げ出した少女。 そのカルトはマンソンファミリーを彷彿とさせて…カルトのリーダーってカリスマ性あるけど自分の手は汚さないな…。 姉夫婦の所に避難する主人公。けれど教団の元で暮らした2年は彼女を蝕んでいてマインドコントロールから抜け出せない。カルトのコミューンも、逃げた先の安全である暮らしも、本当はどちらも大して変わりがないじゃない?と観ている者に投げかける。 ゾワッとするインパクトあるラスト。嫌いじゃない。むしろ好き。

  • さくら
    さくら 3 2015年3月16日

    #eiga #movie 静かでどんよりとした印象。長い間入っていた宗教グループから抜け出してきた女の子の話。現在と過去が交互に語られるので、顔色や表情の違いを見られるのが良い。宗教グループと変わった生活をしていたせいで、普通に生きていくことが困難になってしまった彼女は痛々しかった。ずっと静かでじわじわきてたのに、ラスト、あんなに乱暴に終わらせるなんて...ある意味衝撃です。ホラー?

  • 竪琴

    2014.4.25.

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2014年4月23日

    本国版ポスターに惹かれた1本。カルト・コミューンから逃亡したマーサだが、身を寄せた姉夫婦との生活にも安息はなく、両世界の狭間に囚われる。コミューンと一般(とされる)家庭が1つ1つ呼応して、それ以外の世界が全く出てこないのも怖い。ダイナーやパーティの席も意図的に他人の姿を見せないし、もはやマーサの視野はギリギリまで狭まってる。そんな彼女と姉のガラス1枚隔てたような断絶よ。ラストがホラーとして秀逸なんだけど、見えるもの触れられるもの=実存の境界が危ういマーサの感覚がダイレクトに伝わる。それにしても、ジョン・ホークスが『セッションズ』と同じ人とは思えない!エリザベス・オルセンて時々マギー・ギレンホールに見えたなあ。生々しい身体の重みがいい。

  • Miyako  Nagumo
    Miyako Nagumo 3 2014年4月6日

    カルト教団から逃げ出したマーサ。記憶と幻覚と現実が入り交じる。この日とは、こうやって何かに追われ続け、苦しみ続けるんだろうか…。

  • Tetsuaki
    Tetsuaki 2 2014年4月1日

    カルト集団から脱出、マインドコントロールから抜け出す女性の話。 全体的に説明不足。 賛否が別れるであろうラスト。 雰囲気は好きだけど・・・

  • K

    集団の力ってこえ〜あと私あほなのでラスト二回みてやっとこわいってわかりました。オルセンて化粧違うと雰囲気違うな〜とおもいました

  • Yuca

    じわじわ蝕まれていく(いっていた)感じはなかなか面白い。夫婦の方にドラマがあるのではないか。

  • えりこ
    えりこ 3 2013年9月4日

    カルト教団から抜け出した若い女性が 忘れていた過去を、自分の別名から思い出して 錯乱し、苦しむお話。 過去のカルト教団での様子、現在の様子を入り交じって 描いています。 うーん…(*_*)←この顔文字で何となく察して下さい。 結末は、ネタバレなので言えない…。

  • nieve822
    nieve822 4 2013年8月12日

    カルト集団から抜け出した女性の苦悩。じわじわと謎の恐怖感に襲われる。カルト集団の詳細も分からないし余計怖い。Eオルセン迫真の演技とJホークスの笑顔の中の狂気がリアルすぎる。そしてあのラストは…。

  • まりまりん
    まりまりん 3 2013年3月15日

    カルト集団の目的とかよくわからないけど、その洗脳に悩まされるエリザベス・オルセンには大満足できる作品。自分的には、困った妹の面倒を見る姉とのくだりの方に興味。 #映画

  • tophelos
    tophelos 0 2013年3月10日

    2013/03/09 シネマート心斎橋 カルト集団コミュニティから逃げ出したものの、二年間におよぶマインドコントロールから抜け出せず、心の迷宮に迷い込んでしまった女性の姿を描く。冒頭カルト集団を脱走したところから始まるのだが、唯一の身寄りである姉夫婦の元で暮らし始めてもなお、コミュニティでの生活が現在の生活の中に幻想のようにフラッシュバックして苦しめる。マインドコントロールの恐ろしさは、様々な実際のカルト集団の起こした事件等で知られるところではあるが、あえて大きな事件等は描写せず、個人の心の葛藤として描いた事で、余計に心底ゾッとするような恐怖をリアルに感じさせているのではないだろうか。

  • laa_laa2316
    laa_laa2316 0 2013年3月8日

    最初はそうでもないのだが、真相が暴かれるにつれてだんだんと緊張感が高まっていく。まあとにかくカルトというか洗脳の恐ろしさに尽きる。エリザベス・オルセンのギリギリ演技がリアル。