ゴジラ (1954)
ゴジラ (1954)
1954年製作 日本 97分 1954年11月3日上映
rating 4 4
51 5

『ゴジラ (1954)』の感想・評価・ネタバレ

  • kjhyk
    kjhyk 3 6月6日

    敗戦後の10年立たないうちにコレが撮られてるという事実にまず驚き。手作り感が気になるが、すべての原点であるということ、溢れるアイデア、お話の深さ、女優さんの美人さに感服いたしました。

  • 保津稔
    保津稔 4 2016年7月4日

    すげー、1954年にこれか。迫力はもちろん、こんなに熱いメッセージも!という感じ。この頃の映画の方が最近のものより、何か自由な空気を感じる。

  • Hiro

    ただの怪獣映画ではありません すべての怪獣映画の原点だと思います

  • やじろべえ
    やじろべえ 4 2015年1月18日

    ついに、ゴジラ1作目制覇。 一番古いのに、一番迫力があったぞ。 子供の頃に観たゴジラシリーズとは、 まったく違う世界でした。 今度は、ハリウッド2作目を制覇だ。

  • mince

    西宮OSでデジタルリマスタ版。 パンフが豪華だった。 2014年6月9日 水爆実験の影響で蘇った古代放射能恐竜が東京に上陸、街を壊し汚染し人々を殺害する。絶対絶命の時に人が選んだ道は。「ゴジラ」塚口3。ドラマが主軸。ゴジラ対人間。ここに善悪の境はない。怪獣は一匹でも人は複数で様々な不安や意図を持って繋がっていることの恐ろしさ。芹沢博士の不安は的中する。2014年11月8日

  • Umyomyo

    今見ても普通に面白い。 二作目以降のグダグダ感を知っている身としてはびっくりです。 戦闘機のロケット弾当たらな過ぎ。

  • fmofmojimo
    fmofmojimo 4 2014年7月20日

    クオリティーがつぼすぎて。ひやひやしてるのに手作り感になごんだ。 好き。

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 4 2014年7月13日

    当時の黒澤明が監督ならもっと凄い映画になったはず タイムマシンが完成したら真っ先に頼みに行って欲しい ゴジラの容姿の完成度が凄すぎ アメリカ版ゴジラはトカゲです それかギーガーの出来損ない 新作アメリカ版勿論 映画館に行きますが過度な期待はせず 平常心で臨んで観ます

  • cla_sta

    HDリマスターでめっちょきれいになったのでみるといいです。

  • gohanumai
    gohanumai 0 2014年6月18日

    平成ゴジラは子どもの頃に大体観ているのですが昭和版は観てなかったので米版公開前に劇場で予習!正に原点にしてゴジラ映画のすべてが詰まっている作品だなぁとしみじみ思いました。崩れるビルや倒壊する家屋の下敷きになる人々や焼け野原の東京を見ると災害映画だなと思い、それを引き起こしたゴジラは水爆実験の落とし子であるというのが今観ても(今観るからこそかもしれない)恐ろしいし、面白かったです。あとやっぱり音楽聴くだけで上がる!

  • amazon02
    amazon02 4 2014年6月10日

    ゴジラが厄災の象徴として存在し、しかし最後に駆逐される点で、天災ではない事が分かる。 TVサイズではビデオからDVDまで何度かみて来たが初めて大スクリーンで鑑賞したが、やはりスクリーンが大きいと、初代は怖い。よく見えない、遠い、敵わない、何より装備も貧弱で、やっと敗戦から立ち直りかけてる日本人(防衛隊)しか出て来ない不安さ。色んな映像の積み重ねがその感覚を確固たるものにしていると感じた。 還暦を迎えたゴジラが4kリマスタリングで上陸する様を、大画面で是非。

  • tmmyon

    ハリウッド版『GODZILLA』に向けて予習をと思い、60周年記念のデジタルリマスター版を鑑賞。 ゴジラシリーズは沢山あるので、誰しもどれか1本くらいは見たことがあると思いますが、なぜか私にはその機会がなく…ゴジラに関して知っているのは容貌と音楽のみ、という状況で見ました。 感想としては『ゴジラーーーーーーーーーーーーーーーー!』と心の中で叫び、心の中で号泣。ゴジラは平穏に暮らしたかっただけなのに、それを妨害したのは意地汚いことしか考えない人間じゃないか!と憤慨(笑) 今の時期に見るとドキっとするような台詞も多々あり、興味深かった。 次は『ゴジラVSキングコング』と決めています!

  • toshi1231
    toshi1231 5 2014年6月7日

    ゴジラ第1作!ゴジラの怖さ、迫力が伝わるこの作品がやはり最高ですね。1954年という時代背景で、水爆実験で生まれた怪獣という設定ももちろんですが、戦争の余韻もまだ残る中で、東京が破壊されるシーンにものすごくリアリティがある。

  • 槙夫下地
    槙夫下地 4 2014年5月21日

    リメイクしてほしい。

  • チュウ
    チュウ 5 2014年5月10日

    原点にして最高傑作 追記:60周年記念デジタルリマスター版、とても良かったです

  • Aya

    小さい頃、ザ・ピーナッツの お姉さんになりたかった(笑)

  • noopy

    もう何度も見ている映画ですが、また見ました1954ゴジラ。日本映画チャンネルでゴジラ特集やってるのでこの際、網羅的にシリーズを見返せたらなと思っています。 全シリーズの筆頭を飾る最初のゴジラ。見た事のない方は一度ご覧になった方が良いと思います。円谷お得意の特撮、白黒映画だからこそできる画作りはなんともいえません。大怪獣という空前絶後のテーマを扱っておりながらも、嘘っぽくならないのには明らかに戦争の影響が見て取れます。戦争中も映画はプロパガンダとして制作され続けていたということもあり、当時の日本の特撮の技術はかなりの水準であったとおもいます。廃墟や燃える街へのリアリティー、疎開を口にする民衆などの様子は10年前にこの国を襲った悲劇と、そこから急成長してゆく日本を映し出しています。 やっぱり志村喬はいいです。この映画の何をもって名作とすべきかいろいろと議論もあるでしょうが、この俳優をおいて他にないのではないかなと思えてきます。 今回改めて見て思ったのは、ゴジラは初めから『核によって生み出された(核が効かない)史上最強の破滅』として描かれていると言う点です。倒しようがない圧倒的な敵の存在はまさに魅力です。そこで最終兵器オキシジェンデストロイアに必然性が生まれてくるわけです。しかもその兵器も1度きり。これがこの映画の魅力であり、更に言えば続編を作りにくくしている点とも言えるのですね。 さてこの映画の成功を受け、昭和ゴジラの歴史がスタートするわけですが、ここから先は少々物悲しい旅になりそうです。明らかに劣化してゆくゴジラを見届けて行かねばなりません。 僕はまだ見ていないのですが1984年からリメイクされたシリーズでは、一度この54ゴジラに設定がリセットされるそうですね。ここに期待します。

  • swage1992
    swage1992 4 2013年12月15日

    ゴジラの本気が伝わる!

  • okdkstmp
    okdkstmp 4 2013年1月22日

    何度か観ているんだけど、劇場公開中ということで観てきた。しっかりパニック映画でした。ゴジラ自体が暴れまわるシーンは、後のシリーズから比較すると凄く少ないと思うんだけど、得体の知れない“ゴジラ”に翻弄される人々の心理がジワジワと伝わってきて、結構怖かったです。思いっきり大人向けの作品ですね。 田中友幸製作、本多猪四郎監督、円谷英二特技監督に加えて、やはり伊福部昭の音楽がヒジョーに効果的です。今だから言えるかもしれないけど、生まれるべくして生まれた作品かと。名作!!