機動戦士ガンダムII 哀・戦士編

機動戦士ガンダムII 哀・戦士編

1981年製作 日本 134分 1981年7月11日上映
rating 3.5 3.5
33 1

『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』とは

テレビアニメ『機動戦士ガンダム』シリーズの劇場版第二作『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』。テレビアニメの劇場版を三部作に分けて再編集したうちの第二部である。『機動戦士ガンダム』初代テレビアニメの視聴率が高く、後に劇場版も公開された。 本作ではジオン軍少佐のシャア・アズナブルも登場する。スタッフは劇場版『機動戦士ガンダム』とほぼ同じ。総監督は『鉄腕アトム』や『伝説巨神イデオン』の富野喜幸(富野由悠幸)。キャラクターデザインは『宇宙戦艦ヤマト』や『勇者ライディーン』で作画やデザインに携わる安彦良和だ。キャストには、古谷徹、鈴置洋孝、飯塚昭三らが名を連ねている。

『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』のあらすじ

宇宙世紀W079、人類の半分は地球の周りのスペースコロニーに移住し平和に生活していた。 しかし人類の平和は急遽終わりをとげる。なんとサイドスリーがジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできたのだ。 戦争は膠着状態に陥り、ジオン公国のシャア少佐の巡洋艦がサイドセブンの領域を漂っていた。 ミノフスキー粒子の実用化は、両国の兵器であるモビルスーツの宇宙空間での使用を可能にする。そのため地球連邦軍とジオン軍は、モビルスーツで激しい接近戦を繰り返していた。 一方、サイドセブンに移民していた軍事技術者の子、アムロ・レイは偶然のことから地球連邦軍の人型兵器である新型モビルスーツガンダムのコクピットに座る。そして数々の戦いをこなしながら、ガンダムのパイロットとして誰よりも強くなっていく。

『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』のスタッフ・キャスト

『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』の感想・評価・ネタバレ

  •  みーぱぱ
    みーぱぱ 3 2018年10月21日

    2018年 55本目 DVDにて鑑賞

  • エミデブ
    エミデブ 4 2017年8月13日

    劇場版ガンダムの2作目。 ランバラルとの闘いからオデッサ作戦、ジャブローまでの闘いを描く。 今回出てくる、ランバラルと、ハモン夫婦。このジオン軍きってのスーパーカッコいい敵キャラ。哀・戦士とはやはりこの2人があってこその表現だなと思う。 このタイトルを取った曲もガンダムを知っている人からすると名曲で誰しもが好きな一曲であろう。哀・戦士では同じ井上大輔の風にひとりでも流れる。 個人的に今作の目玉としてはミハルとカイのラブストーリーを推したい。 親を亡くし、一人で弟と妹の面倒をみるためジオンのスパイとなったミハル。ホワイトベースのカイ・シデンは軍での生活に嫌気がさし部隊から逃げ出したところでミハルと遭遇する。軍の対立を超えたラブストーリーは酷く悲しいものだった。 この話がアニメより更に細かく描写されていた。それと、アニメでは後半に急に出てくるニュータイプの概念が、劇場版だと中盤に登場し、このニュータイプのシステムは今後の宇宙世紀でもかなり大事なキーワードであるからそこも良くできていたと思う。

  • とし

    ファーストガンダム劇場版第二弾。ランバラルとの死闘→ドムのジェットストリームアタック→マチルダ、リュウの死→ジャブローで再びシャアと対戦→宇宙へまで。仲間の死で悲しくてジャブローでゴッグ、ズゴック、アッガイなどのモビルスーツがたくさん出てきてワクワクした。

『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』に関連する作品