オーケストラ!
オーケストラ!
rating 3.6 3.6
223 40

『オーケストラ!』の感想・評価・ネタバレ

  • Daichi Yamada
    Daichi Yamada 4 2017年8月29日

    面白かったけど、ちょっとふざけ過ぎ感が否めない。設定にちょっと無理があるし、イマイチ入り込めなかった。しかしロシア人ってみんなあんなん?

  • mamomamo31
    mamomamo31 1 2017年5月14日

    寄せ集めのオケだから合わないはずなのにコンマスの勢いと指揮者の息があっていくことでオケも次第にあっていく感じはのだめを彷彿とさせた。でも、それまでがつまらん。

  • サムライ
    サムライ 3 2016年11月14日

    2016.11.14 Amazonプライムビデオ

  • はち子
    はち子 5 2016年2月16日
  • どんぐり
    どんぐり 3 2016年2月13日

    ロシア人は遅れるのが礼儀でして どうかご理解のほどを。

  • ゆう

    チャイコフスキーバイオリン協奏曲が良かった。予想とは少し違う事実で、歴史的背景を感じたり…コメディ要素もあって笑えた!

  • しょん
    しょん 5 2015年12月24日

    駆け抜けるラストシーンは爽快!思ってたよりコメディ要素が強かったけど、個人的には嫌いじゃない。

  • Yukiko

    神様がホントにいて良かった! ドタバタありだけど味があるキャストたちで良い。

  • Kotomi Tsuda
    Kotomi Tsuda 3 2015年7月4日

    ちょっとよくわからないドタバタもあったが、最後の演奏には鳥肌がたった。基本的にはコメディで、歴史的な描写や人々の想いも組み込まれている楽しく観れる作品。

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 3 2015年6月26日

    最後の13分のためにあるような映画だった 分かりやすすぎる展開たけど号泣してしまった チャイコフスキーが良すぎた

  • Ayano Jinnouchi
    Ayano Jinnouchi 4 2015年5月13日

    音楽て素晴らしい チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲がとても好きになった!ラスト12分22秒圧巻

  • mince

    ロシア。30年前体制に逆らった故にボリショイオケで掃除夫をさせられる指揮者。清掃中見つけたオケへの演奏依頼を隠匿、かつての仲間で偽オケをでっち上げパリへ乗込む。その目的は「オーケストラ!」フランス映画。珍道中のドタバタなど笑い所も沢山。ラスト演奏シーンは涙無くして観られない。2015年3月25日 3日間しか滞在できないのにパリに着いたとたんメンバーが練習や観光もせずタクシーの運転手や通訳、果てはキャビアの密売など出稼ぎに夢中になるのがヘンなリアリティをもって迫る。共産党の栄光よ今一度のマネージャーが憎たらしいのに可笑しくも泣かせる。

  • yukakurobe
    yukakurobe 3 2015年2月27日

    『オーケストラ!』鑑賞。哀愁漂う中にユーモアが入ってる作品。過去の栄光に浸り続けずに一歩前に出たのが素敵。  才能があってもその分野で輝ける人は一握りだけど音楽を愛してるってことだけが彼らを高みに近づけた

  • Sacchin
    Sacchin 0 2015年2月9日

    ロシア、ボリジョイとユダヤ人の歴史的背景もあり。『血』を感じるクラシック。

  • Kimura Toshiaki
    Kimura Toshiaki 3 2015年2月4日

    楽しく観れた、でも感情移入ができない

  • fmofmojimo
    fmofmojimo 4 2015年1月28日

    美しい音楽を求めようとする情熱、エゴだけが、本当に美しい音楽を奏でることができるような気がした。

  • こばやし
    こばやし 2 2015年1月25日

    ほんとに最後の演奏の為の映画

  • Eriko Omits
    Eriko Omits 3 2015年1月24日

    少しでも何かしら楽器やってた人から見ると突っ込みどころ満載。そんな甘くないぞと。 でも最後の演奏シーンで全部もってかれちゃうし、不覚にも感動しちゃう。ずるい。

  • Ran Moriizumi
    Ran Moriizumi 2 2015年1月20日

    09年フランス映画。 あらすじを知らずに観る人は、始めはストーリーを理解出来ないまま話が進んでいってしまいそう。邦画に慣れている人や、何が起きているのか分からないままストーリーが展開するのが嫌な人はしっかりあらすじを読んでからの方が楽しめる。 キャストの言動や背景などからあらすじを推測するという楽しさもあって、それもまたフランス映画らしいなと思うので私は好き。ただロシア語とフランス語の作品なので見ていて耳に慣れない感じはあった。 中盤はコメディタッチですが、全体を通して観るとヒューマンドラマ色が強いのかなと。ユダヤ人排斥運動や政党、政治の問題や時代背景がストーリーに多少絡んで来るのですが、社会派映画っぽさはない。 最後のチャイコフスキーのオーケストラ演奏はストーリー展開とも相まって迫力があるので、ぜひ音質の良い環境で見て欲しい。 重くも暗くもなく気軽に見られる感じの作品で作中にクラシック音楽もたくさん登場するのでつまみとお酒片手にホームシアターするにはちょうど良かった。

  • 山田 武
    山田 武 3 2014年12月29日

    2014年12月28日 自宅