インビクタス/負けざる者たち

インビクタス/負けざる者たち

Invictus
2009年製作 アメリカ 134分 2010年2月5日上映
rating 3.7 3.7
240 30

『インビクタス/負けざる者たち』とは

『許されざる者』、『ミリオンダラー・ベイビー』で2度のアカデミー作品賞を受賞し、アメリカを代表する巨匠となったクリント・イーストウッド監督。その2作でコンビを組んだモーガン・フリーマンが製作総指揮として、イーストウッドに監督をいらしたのがこの作品。アパルトヘイト後の南アフリカで開催されたラグビーワールドカップで、同国を初優勝に導いたフランソワ・ピナール選手の姿を、マンデラ大統領との絆を中心に描き出す。主演はマット・デイモン。

『インビクタス/負けざる者たち』のあらすじ

1994年、アパルヘイト(人種隔離政策)が撤廃された南アフリカでは、初の全国民参加の選挙が開催され、27年間政治犯として投獄されていたネルソン・マンデラが大統領に就任した。しかし、白人と黒人の格差はいまだ歴然としており、人種対立は絶えなかった。そんななかマンデラ大統領は、翌年に開かれるラグビーワールドカップこそが、国民を融和させる絶好のチャンスだと考えていた。そして、代表チームのキャプテンであるフランソワを官邸に招待し、自国開催での初優勝を懇願する。しかし、同国の代表チームは長きに渡り国際大会にさえ参加しておらず、弱体化していた。

『インビクタス/負けざる者たち』のスタッフ・キャスト

『インビクタス/負けざる者たち』の感想・評価・ネタバレ

  • Yuki Nagira
    Yuki Nagira 3 1月29日

    マンデラの人柄が素晴らしい。

  • ダンケ先生
    ダンケ先生 4 2016年7月18日

    ラグビーの話は添え物で、ネルソン・マンデラの話が中心。皆が彼を知ることで、彼の振る舞いを実践しようとしたんですね。最後のセリフ「何れかの神に感謝しなければいけないが、私の運命を決めるのは私だ」の締め方良かった。 昨年の日本の快挙も併せて記憶に残りました。

  • syn490

    記録用

関連する記事

『インビクタス/負けざる者たち』に関連する作品