バレンタインデー (2010)

バレンタインデー (2010)

Valentine's Day
2010年製作 アメリカ 125分 2010年2月12日上映
rating 3.6 3.6
424 52

『バレンタインデー (2010)』とは

ロサンゼルスを舞台に、バレンタインデーを迎えたそれぞれのカップルの恋愛模様を描いたラブロマンスである。監督は『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル。出演は『シン・シティ』『ファンタスティック・フォー』のジェシカ・アルバ、『ミザリー』のオスカー女優キャシー・ベイツ、『エリザベスタウン』のジェシカ・ビール、『リミットレス』のブラッドリー・クーパー、さらに『プリティ・ウーマン』のジュリア・ロバーツ、『愛と追憶の日々』のオスカー女優シャーリー・マクレーン、『レイ』のジェイミー・フォックスなど豪華キャストが起用され話題となった。年齢も職業も異なる男女15人が、バレンタインデーを巡って、結ばれるカップル、別れるカップルなど、オムニバス形式でそれぞれの恋愛の行方を追った群像劇である。

『バレンタインデー (2010)』のあらすじ

本作は2月14日、バレンタインデーのロサンゼルスの様々な男女の様子を描いた作品。恋人のモーリーに朝一番でプロポーズした花屋のオーナー、リード。笑顔で婚約指輪を受け取る彼女であったが、男が出かけると彼女は部屋の荷物をまとめ始めるのだった。飛行機にたまたま隣り合わせた30代の男性ホールデンと女性将校のケイトは会話をするうちにお互いに惹かれあっていくが、目的地に着くと共に意外な人が待っていた。理想の男性と出会い順風満帆な小学校教師のジュリアは、サンフランシスコに出張する恋人で医師のハリソンを内緒で追いかけることにした。しかし、ハリソンは飛行場ではなく彼女が思いもしない全く別の場所へと向かっていたのである。結婚して50年が過ぎたエドガーとエステルは今も変わらずお互いを愛していた。ところが、妻エステルは夫エドガーに思いもしない告白をするのだった……。

『バレンタインデー (2010)』のスタッフ・キャスト

『バレンタインデー (2010)』の感想・評価・ネタバレ

  • どんぐり
    どんぐり 3 2月28日

    最高には最高を。 さあ 裸になろう。

  • Minori
    Minori 3 2月26日

    恋する人たちの物語 登場人物たちの目がキラキラしてて、こっちまで幸せな気持ちになる バットでハートのオブジェをひたすら殴るシーンがお気に入り笑

  • ゆきな
    ゆきな 5 2016年10月1日

    「ラブ・アクチュアリー」とテイストが似てるけど、それより好きかも。 「え!?ここくっつく!?」「実はそうだったの!?」っていう意外な展開が多いから。 私も花屋になって皆に幸せ届けてぇぇええー!!!ってなった

関連する記事

『バレンタインデー (2010)』に関連する作品