マン・オブ・スティール

マン・オブ・スティール

MAN OF STEEL
2013年製作 アメリカ 143分 2013年8月30日上映
rating 3.4 3.4
468 61

『マン・オブ・スティール』とは

DCコミックスにおける最強のヒーロー「スーパーマン」を、バットマンのリブートである『ダークナイト』を大成功させたクリストファー・ノーラン製作、『300 <スリーハンドレッド>』などの若き映像の魔術師ザック・スナイダー監督でリブートした、新機軸のヒーロー・アクション。旧シリーズ第一作と第二作をモチーフに、今まで語られてこなかったエピソードを取り入れ再構成した、全く新しいスーパーマン像を描く。主演に抜擢されたのは『インモータルズ 神々の戦い』のヘンリー・カビル。助演陣も一新されており、特に育ての親に扮したケビン・コスナーとダイアン・レインが味わい深い。その他生みの親であるジョー=エルをラッセル・クロウ、ロイス・レインをエイミー・アダムスが演じる。

『マン・オブ・スティール』のあらすじ

はるか宇宙の彼方の惑星、クリプトン星。天変地異による滅亡の危機が迫っていることを長老に直訴する科学者ジョー=エルだったが、聞き入れられないばかりか反逆者ゾッド将軍一味に長老たちは倒され、ジョー=エルとその家族にも危機が及ぶ。将軍の凶弾に倒れたジョー=エルは、死の際で最後の力を振り絞り、生まれたばかりの息子カル=エルだけをクリプトン星の宝である写本と共に脱出ポッドに乗せ射出することに成功し、息絶える。ゾッド将軍一味は逮捕されて宇宙空間の牢獄に幽閉され、やがてジョー=エルの予言通り天変地異が発生、クリプトン星は滅亡した。所変わって地球、アメリカのとある海の沖合で油田プラントが大爆発する事故が起きる。その大惨事にたったひとりで突入し、信じられないパワーで次々と人々を救ったのは、近くに居合わせたある若い漁師だった……。

『マン・オブ・スティール』のスタッフ・キャスト

『マン・オブ・スティール』の感想・評価・ネタバレ

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 3 2017年12月10日

    2017/12/09 フジ ヘンリー・カヴィル、スーパーマン顔過ぎて笑ってしまう

  • 翔

    色々あって全然レビュー投稿出来てなかったものの、全然映画を観ていなかったというわけでもないのだ。 気づくのがだいぶ遅くなったが最近のアニメーション原作のリブート、若しくは初実写化作品がとてもアツイ。ディズニーは勿論のことマーベル作品やDCシリーズもその急先鋒だ。 ディズニーとマーベルはホントにポンポン新作を出してくれるので追っかけ始めたら大変。それに比べてDCはメインストリームがまだ片手で数えられるくらいの作品数しか展開されてないからすぐに追いつけた。昔から作家は処女作から、ゲームはナンバリングの初めから、音楽はアーティストのファーストアルバムからしっかり順を追っていきたいクチなのでDCの展開の遅さはとっても助かる。 さて、というわけでつい最近第4作目『ワンダーウーマン』が公開されたDCのプロジェクト。当然観るとなればその記念すべき第1作目から!『マン・オブ・スティール』 ここまで前振りを盛大に書き連ねておいてなんだが、この作品自体は個人的に微妙だった。それというのも、今まで○○ロードショーなどでちょくちょく観ることがあったヒーロー物といえば『スパイダーマン』やら『アイアンマン』などのもっぱらマーベル作品であった。それらと比較してあまりにも戦闘シーンがつまらなく感じたのだ。 まだこの作品しかまともに鑑賞していないのでDCシリーズに対し知ったような口をきくようなことはしないが、この『マン・オブ・スティール』における戦闘はあまりにも大味なのではないかと思う。よく言えばそれはド迫力なのだけれど。 余りにも異次元過ぎる力の持ち主同士の争いである為、舞台が地球であることが足かせにしかなっていない。地球文明の興亡や地球人の未来、これらは一切が主人公含めた異星人からすると脆いものすぎるのである。それが何を意味するかというと、スーパーマンシリーズの全てを左右するのがスーパーマン一人になってしまっているということ。 つまりスーパーマンの戦闘はほぼ全てが戦術級ではなく戦略級の争いになってしまっているのだ。マーベルのヒーロー達は各ヒーローが戦術級の戦いを重ねて作品の最後に戦略級の死闘に挑む、そうしたドラマを積み重ねてようやく全パート戦略級の大戦となる『アベンジャーズ』へとなだれ込むのに対し、スーパーマンはハナっから超弩級の個人戦争である。しかもその戦争の直接的要素はほぼ敵とスーパーマン一人、当然みるみるうちに飽きがくるのだ。 まだこの後に連なるシリーズ作『インジャスティス』『スーサイドスクワッド』らを観てはいないので断言したりは決して出来ないが、ヒーロー物でありながら戦闘パートが淡白過ぎて日常パートの方が面白いとさえ感じてしまった。現状の個人的評価としてはマーベルに大きく水をあけられてしまった。リブートバットマン三部作は好きだっただけに少し拍子抜けしてしまう結果だったというのが正直なところ。 あくまで地球人であるバットマンが登場する次回作に期待します! なんかものすごく偉そうなレビューになってしまった、、、リハビリが必要だー!

  • zume

    迫力は凄かった。 それにしても、街壊しすぎ。 悟空でも、もうちょい気遣うわ。 あと物凄いケツアゴ‼︎

『マン・オブ・スティール』に関連する作品