エンド・オブ・ウォッチ
エンド・オブ・ウォッチ
END OF WATCH
アメリカ 2013年8月17日上映
rating 3.5 3.5
88 19

『エンド・オブ・ウォッチ』の感想・評価・ネタバレ

  • Yamanaka  Akira
    Yamanaka Akira 3 2017年3月30日

    手法の賛否は色々あるだろうけど、ある意味、素敵な映画。キャラ設定も悪くなく、普通に引き込まれました。

  • syn490

    記録用

  • Mongorichop
    Mongorichop 3 2015年11月8日

    ジェイクとペーニャがいっぺんに見れる良作

  • 山本博文
    山本博文 3 2015年10月26日

    バディものとして良くできていると思います。

  • yone

    このサングラスはガスカンといいます

  • しゅうへい
    しゅうへい 2 2015年6月1日

    期待していたからか、実際見てみるとそんなに面白くなかった… ロサンゼルス警察の苛烈な日常の中に無理やり人間ドラマつっこんだ感じ。

  • あやみ
    あやみ 3 2015年5月1日

    ポリスのリアル。パートナーとの関係性がPOV式で表現されてて確かにリアルに感じます。 銃社会は怖いですな。

  • hattin

    2012.4.12 アメリカに買い付けに行った時に言われた一言 ここがサウスセントラルです アメリカで一番治安の悪い町 そのサウスセントラルを舞台に警察官の日常を描いた映画 各家庭には問題があり、ギャング同士の抗争もあり、 他愛もない(本当に)二人の警察官のやり取りもある エンディングは賛否両論あるかと思いますが、僕は好きでした 見終わった直後は納得いきませんでしたが。 普通のエンディングは普通の映画で見てくれよ! と思えばむしろ好きになる エンディング曲はジョッシュオム QOTSAの来日を願うばかりですw

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2015年4月13日

    ジェイク・ギレンホールが警官役を努めるバディもの。結構面白い映画でした。POV手法のファウンド・フッテージもの、とのことで古くは『食人族』まで遡れるんですね。この映画はそれほど徹底されていないのでファウンド・フッテージとしてのアイディアはそれほど期待しない方がいいと思います。この辺のアイディアが詰まっているのはやはりホラー映画に限られますが、本作でもその臨場感を煽るのに非常に効果的な役割を果たしているかと思います。 『フューリー』の監督、デヴィッド・エアー監督作品。社会的なメッセージ製は薄く、敢えていれなくて入れなくてよかったパターンの映画かと思います。良作。

  • yubinashi
    yubinashi 4 2015年4月9日

    アメリカ版警察24時。 メキシカンの麻薬カルテル怖すぎ。女でも容赦なくボコボコだし、死体バラバラだし半端じゃねえな。 眼にナイフ突き刺さされた警官がやたら冷静なのは、警官スゲーけど。 ファウンドフッテージをうまく使った映像もいいし。

  • アピ野郎
    アピ野郎 3 2014年12月26日

    よかったよ

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2014年12月21日

    LA警察24時。POV手法かと思ったら、それで統一されてる訳ではないので、特に記録用ハンディカメラでなくてもよかった気が。ともあれ、パトカー警官ジェイク・ギレンホールとマイケル・ペーニャのブロマンス映画だった。プライベートでも悲惨な現場でも、何よりも堅いバディの絆にとことん密着。悲劇フラグからの銃撃戦が泣かせる。でも、ブロマンス好物だしいい話ではあるんだけど、ちょっとそれに酔ってる感じで、こっちは醒めてしまうんだよな。故・水野晴郎せんせいが観たら大喜びだったに違いない。

  • なぶ

    ロサンゼルスが少々修羅すぎないか?という野暮な突っ込みはおいといて、面白かった。下品なジョークを言い合いながらもチラチラとお互いの信頼が伺えたのがよかった

  • Leo

    DVD 演出、編集があざとい。

  • ちーぼー
    ちーぼー 3 2014年9月13日

    久々に面白い映画を観た気がします。 楽しい場面からの衝撃的なラスト堪んなかったです。 カメラ回しながら撮る映画って苦手だったけど、これはこれで凄く緊張感ある映画だったと思います。

  • monoza17
    monoza17 5 2014年8月24日

    いい

  • okdkstmp
    okdkstmp 2 2014年8月24日

    ロス市警の警官二人による、いわゆるクライムアクション。それなりにドンパチはあるが、特に目立つ展開も演出も感じられず…。 映画そのものの特徴として、出演者自身による撮影の映像を使う、いわゆるモキュメンタリーの手法を取っているのだが、どうもこの手法が余り得意ではないので、観ていて落ち着かなかった。またこの手法ありきで作られた感が映画を更につまらないものにしてしまっている気も。

  • fuyu

    警察24時映画版。けどマジでこんなんなの!?やっぱりアメリカ人(移民含めて)、アホでしょ。嫌いじゃないけど。

  • Hiro-hisa Yamashita
    Hiro-hisa Yamashita 3 2014年7月3日

    地味だけど、面白い!

  • Yuichi Onodera
    Yuichi Onodera 3 2014年5月11日

    ドキュメンタリー風映画。 終わりがなんだがありきたりかなと。