かいじゅうたちのいるところ
かいじゅうたちのいるところ
rating 3.2 3.2
264 29

『かいじゅうたちのいるところ』の感想・評価・ネタバレ

  • あんぱん
    あんぱん 1 3月18日

    わがまま坊やの空想話みたいな。 なんかファンタジーとも言いがたいし、ストーリーが無茶苦茶。 きっと絵本はいい話なんだろうけど、映像は中途半端でイマイチでした。

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 4 2017年9月18日

    小さいの頃の自分では止められない癇癪とか、大人から見たら些細なことでも本人達には深刻だった喧嘩や納得できない仲直りとか、もう色々が詰まってて泣いてしまった。 またそれらが大人になった今も消化しきれてないってことを気づかせてくれた。 傷抉ってもくるし救ってもくれる映画だった。 あとカット割がサイコー、デスクトップにしたい。

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 4 2016年3月1日

    ネバーエンディングストーリーは政治的な話しでしたが これはもっと個人的、幼少期の不安定な気持ちを かいじゅう で表していて 同じ感じのインサイド ヘッドよりも叙情的で好き、映像が独特~ そして砂漠が綺麗 子供向けでは無いけど うちの4歳の子はボロボロ泣いてました。

  • HEROHALU
    HEROHALU 3 2015年12月8日

    記録用

  • おなかちゃん
    おなかちゃん 3 2015年8月14日

    かわいい

  • HM world-traveller
    HM world-traveller 4 2015年6月14日

    世界中で読まれ愛されているモーリス・センダックの絵本の映画化作品。 マックスの年頃の子供って、もう一人前に承認欲求がしっかり在るんですよね。誰かに認められたいという欲求。でもそんな気持ちの強さの割にそれを伝えるのは下手クソだし、それをコントロールしたり認められるために自分はどうすべきか考えて行動するなんてことは年齢的に難しい。思いどおりにいかない苛立ちや孤独感をそのまま反抗や怒りという形でぶつけるしかなくなってしまう。 そんな子供の心の中を描いた世界、かいじゅうたちのいるところ。自己コントロールが効かず乱暴で孤立しがちなキャロルはマックスそのもの。人の気を引くための一生懸命な行動が逆に誰かを傷つけていることには気がつかない。口うるさいかいじゅうはお母さんやお姉ちゃん、優しくしてくれる時のKWは理想の母親像。 原作絵本が好きなので、あの世界観と かいじゅうの姿形の実写に疑問だったけど、ゴツい体にちょっと寂しげな目、モフモフした質感は絵本の世界観を壊すことなくコワモテなのに温かくて期待以上でした。みんなで固まって寝るところは願望のメタファーなんだろうけどすごく好きなシーンです。 そして何よりもいいなと思うのは1匹1匹のキャラ設定。マックスの心情が個々のかいじゅうのキャラに実にうまく投影されていました。子供向け絵本が原作ですが、自分と周囲の関わりを見つめるという意味では大人の私たちこそ見る作品なのかもしれません。

  • mazda

    子供の時大好きだった絵本の映画化。 こういう作品でも映画化とかしちゃうんだーっていうあまりよくない第一印象だったけど絵本にはない、映画で表現した意味のある世界観を確立できた作品だった。 マックスという少年の想像の中の世界、かいじゅうたちのいるところ。 夢の世界ではないけど彼の想像によって全て描かれているというのがわかって、マックスが日常で感じるモヤモヤや彼らしさが世界観に投影されてた。そういう子供の想像や思考の世界にとても魅了させられた。 この頃の歳って「好きなもの」「嫌いなもの」をしっかり確立し始める頃で、嫌いなことやものに対してうまい自分でいることができなくて悲しくなったり苦しくなることしかできない。現実のこともわかってるし、いい子にしなきゃいけないことも本当はどこかでわかっているのに寂しいというきもちでいることしかできない。 かいじゅうたちと遊んでいる時間はキラキラしているし本当に楽しい時間だけどかいじゅうたちの目はどこか寂しそうな優しい目をしてる。彼等のその目や言葉や感情が少年自身のこころを表していて絵本以上にものすごく深い作品だった。 ただの孤独よりも、誰かと過ごした楽しい時間のあとの孤独の方がずっと心にぽっかりと穴が開いて苦しさや悲しさを引き寄せる。だから「いいことばかりの場所」を求める。寂しいという想いは自分も誰も感じたくないから。 すごく言葉の選び方が素敵な作品だった。ストーリーも映像も良かったけど音楽が圧倒的によくて、全然泣くような映画ではないのにものすごく感傷的にさせられて気づいたら途中からボロボロ泣いてた。 トロール系のキャラクターにとっても弱いのでキャラデザインもかなりドツボだった。絵本とはまるで違うし映画的には大人向けな感じだけど愛らしさは絵本よりずっとつまってる。とてもあったかい寂しさを感じた。

  • そるとり
    そるとり 3 2015年5月23日

    大体よくわからなかった。日本語変だな。 マックスの子かわいい。あとかいじゅうたちの顔のCGが違和感なくてすごいなーと思った。

  • 映画記録用(ネタバレ有り)
    映画記録用(ネタバレ有り) 2 2015年5月18日

    ネット配信 子供向けではありませんね。なかなか、オシャレな映画になっていました。 特に音楽がよかったです。 かいじゅうたちは結構怖いです。子供の頃観ていたら間違いなく泣いているでしょう。

  • hattin

    2015.2.14 どこかで聞いた事ある声だと思ったらヤーヤーヤーズのカレンオー! エンディングの歌声が最高! スパイクジョーンズらしい色というか映像も良いね。 あと、音楽と。 自分にとってはそれだけの映画 内容はよく分からん まとまりないし。 原作の絵本を買った方が良いと思った

  • asaaako

    もふりたい。

  • たらこ
    たらこ 2 2014年11月4日

    なんか怖い 恐怖を克服すれば優しさに

  • naho

    かいじゅうたちの表情がすごくいい! 眼差しの優しさだったり急な怖さだったり 映像も優しくて柔らかくて みんなで遊んでるシーン大好きです。 自然に笑顔になれる、気持ちが優しくなれる。 荒んだ心のときに観たい映画です。

  • Ai Tsuyoshi
    Ai Tsuyoshi 3 2014年7月31日

    8歳のMAXはお母さんとケンカし、うちを飛び出す。船に乗ってかいじゅうたちのいる島へ。 MAXはかいじゅうに自分の姿をみたんだと思う。

  • Shoko

    おんがくはいいよね

  • 下川佳那子
    下川佳那子 1 2014年7月25日

    最終的によくわからん、、、 子役はかわいいんだけどねー 2010.8.1

  • Satoko Suzuki
    Satoko Suzuki 3 2014年7月22日

    かいじゅうの姿を借りた人間ドラマ。ちょっと大人になって、、結局「お家がいちばん」! カレンOの歌が素敵でした。

  • Ayayes

    ちょっと難しかった。

  • Asumi Kurihara
    Asumi Kurihara 4 2014年7月6日

    かいじゅうのキャラクターが濃い

  • Yurie Sano
    Yurie Sano 2 2014年7月2日

    寝落ちしてしまった…!