Dr.パルナサスの鏡

Dr.パルナサスの鏡

The Imaginarium of Doctor Parnassus
2009年製作 イギリス・カナダ 124分 2010年1月23日上映
rating 3 3
303 22

『Dr.パルナサスの鏡』とは

欲望を具現化する魔法の鏡「イマジナリウム」を巡って繰り広げられる、謎とイマジネーションと幻想の世界。『バンデットQ』から『未来世紀ブラジル』、『バロン』などを手がけるテリー・ギリアム監督が、脚本も兼ねて手掛けたファンタジック・ミステリー。主演のヒース・レジャーは、本作撮影中に急性薬物中毒により急死。無念の遺作となったが、作品を完成させる為、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルという豪華俳優陣が集結し、彼亡きあとを見事に務めた。パルナサス博士に『サウンド・オブ・ミュージック』の名優クリストファー・プラマーが扮する他、リリー・コール、アンドリュー・ガーフィールド、ブルース歌手のトム・ウェイツらが脇を固めている。

『Dr.パルナサスの鏡』のあらすじ

パルナサスと名乗る年老いた博士が率いる旅芸人一座の売り物と言えば、誰もが心の中に密かに隠し持つ欲望を具現化するという魔法の鏡「イマジナリウム」。今日もロンドンの片隅で興行を打つも、怪しげな鏡は人々の関心をうまく引けず、閑古鳥が鳴いていた。そんな中、パルナサス博士は日を増すごとに、何かに怯えるように弱気になっていく。実は彼はかつて、自らの不老不死を願うあまり、Mr.ニックという名の悪魔とある契約を取り交わしていた。その契約とは、不老不死を与える代わりに彼の娘が16歳になったら悪魔に捧げる、というものであった。16歳の誕生日が目前に迫ったある日、悪魔の契約など何も知らない娘ヴァレンティナは、偶然に記憶喪失の男トニーの身を救う。そのまま旅芸人一座に加わり、一夜にして人気者となったトニーに、ヴァレンティナは恋をするも、刻一刻と16歳の誕生日は近づいていた……。

『Dr.パルナサスの鏡』のスタッフ・キャスト

『Dr.パルナサスの鏡』の感想・評価・ネタバレ

『Dr.パルナサスの鏡』に関連する作品