ある愛の詩
ある愛の詩
Love Story
アメリカ
rating 3.5 3.5
17 10

『ある愛の詩』のKei Miyazatoの感想・評価・ネタバレ

Kei Miyazato
Kei Miyazato 4 2015年6月30日

難病物なんだけど極力お涙頂戴を回避しようとした結果なのかエリック・シーガルが原作と同時進行で脚本を書いていたせいか展開が早い、映画の評価ってその当時を知らない人には難しいだろうな~って典型な作品で若い人が観ても名作には思えないかも、変わらないのはフランシス・レイの音楽の素晴らしさ、今の人にはトミー・リー・ジョーンズの若い姿に驚く程度の映画かも、ライアン・オニールの父親はレイ・ミランドでアリ・マッグローの父親はゴッドファーザーで馬の首と寝ていたジョン・マーリー。