八甲田山

八甲田山

1977年製作 日本 169分 1977年6月18日上映
rating 3.6 3.6
21 4

『八甲田山』とは

昭和35年、青森の八甲田雪中行軍遭難事件のテーマにした新田次郎の小説『八甲田山死の彷徨』を原作に、八甲田山を舞台に極限状態の人間を描く壮大なヒューマンドラマ。脚本は『砂の器』(1977年)の橋本忍が執筆し、監督は『放課後』(1973年)の森谷司郎、撮影は『青葉繁れる』(1974年)の木村大作がそれぞれ担当した。後に、映画の大ヒットを受けてテレビドラマ化された。 高倉健、島田正吾、大滝秀治、高倉健、丹波哲郎らが出演。

『八甲田山』のあらすじ

明治34年の終わり頃、日露戦争を目前にした陸軍は寒冷地での教育不足を実感していた。露軍と戦う為に寒地訓練が必要となりその訓練地が八甲田山だったのだ。青森第五連隊・神田(北大路欣也)と弘前第三十一連隊・徳島(高倉健)の二人の大尉は責任の重さに緊張していた。 そして年が明けた一月二十日、徳島率いる弘前第三十一連隊は、僅か二十七名で編成され弘前を出発した。この訓練は徳島の意見が採用され雪に慣れている者が選ばれたのだ。出発前、徳島は神田に自分の部隊が危険な時は助けてほしいと手紙を書いた。 その一方で、神田も小数精鋭部隊の編成を願い出たが、大隊長・山田少佐(三國連太郎)に断られ二百十名の大部隊で青森を出発することになっていた。次第に神田の部隊は、低気圧に襲われ、隊列は乱れ始める。同じ時、徳島の部隊は八甲田山に向って快調に進んでいた。体力があるうちに八甲田山へと先を急ぎ自然を征服しようとした二百十名の神田隊と、耐寒訓練をしつつ自然と折り合いを付けながら八甲田山へ向う二十七名の徳島隊。そして、八甲田山はそのどちらも拒否するかと思われたのだが......。

『八甲田山』のスタッフ・キャスト

『八甲田山』の感想・評価・ネタバレ

『八甲田山』に関連する作品