2012
2012
2012
2009年製作 アメリカ 158分 2009年11月21日上映
rating 3.2 3.2
268 4

『2012』の感想・評価・ネタバレ

  • Yuko Fujisawa
    Yuko Fujisawa 5 2017年7月30日

    映像美!迫力!これは映画館で観るべきだったな

  • さよ(*´ω`*)
    さよ(*´ω`*) 2 2017年1月22日

    映像はすごくてハラハラしたんだけど何かしっくりこないかんじ(´・ω・`)

  • saya

    でかい映画館でみたらドッキドキだとおもう。後半都合良く死んでく仲間たちの死にかたがどいひー。

  • cla_sta

    R・エメリッヒ監督作品。とかく長かった。マヤの予言と世界の破滅に対抗する科学者パートと、家族を守って安全地帯を目指す小説家パートを分けたのが最大の要因だと思う。とはいえ話としては十分おもしろかったので満足。

  • R1067556

    制作費なんと246億円!でもks映画だった。地球が滅亡するので船に乗って生き残ろうというありがちなテーマとシナリオ。俺の2時間38分が沈没した。

  • Yusuke Washizu
    Yusuke Washizu 5 2015年10月15日

    映像のダイナミックさがケタ違い。ストーリーに散りばめられた様々な要素が最後に船に集結する感じがした。 息子に娘を頼むようにいう時、涙が出た。映画で泣いたのは初めてだ。

  • Mari

    地球が終わってしまう。 地震、噴火、地割れ。 ドキドキして鳥肌たった。 娘役はクリミナルマインド(1話のみ)、チベットの僧侶役はスーパーナチュラル(預言者ケビン)にも出演してた。 20150813。イマジカBSにて。

  • halka

    世界が終わる系だけど、やっぱり全員は助からないんだなあ?とやるせない気持ちになってしまう

  • ゆう

    ディザスター系の映画はいつみても凄く辛いですね。 これでもかっていうくらい地震地割れビルの倒壊噴火津波その他諸々派生状況に飲まれ命を落とすシーンがちゃんと撮られているので尚更辛い。 各国の普通の家族が唐突に命を失われるのは辛いけどこういう映画ではなくてはならないシーンだと思います。 現代版『ノアの箱舟』とも言えるのに誰もその言葉を発現することが無かった。代わりにリアム・ジェームズの演じた役がノアだったのは皮肉かな。 ディザスター映画ではよくある家族愛に重きを置かれているけど迫力が凄かった。

  • Higasayama Taiyo
    Higasayama Taiyo 3 2015年5月31日

    映像技術が凄かった! スケールも大きくよかったです!

  • ダニエル
    ダニエル 4 2015年3月31日

    やっぱりこの監督は地球を破壊するのが好きだね~ 次回作も期待してます!

  • あやみ
    あやみ 1 2015年3月20日

    ジョンキューザック好きなんだけどなぁ。 魅せ場作りすぎて失敗してますぞ。

  • ねこ

    迫力すぎょい

  • ??

    2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティスは、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。この危機から逃れる手はないものかと模索するジャクソンだったが、すでに天災は地球上の至るところで起こり始め……。

  • もち

    中国船造るの早い

  • Shu.BranJu*
    Shu.BranJu* 1 2014年11月13日

    アメリカ万歳なエンディング。 迫力があって最初の展開にワクワクしてた分ラストにガッカリする。 権力者しか生き残れないのか。

  • Masayuki Kobayashi
    Masayuki Kobayashi 3 2014年11月9日

    迫力あったけど、ストーリーが…。

  • 和馬

    迫力!

  • roseちゃん
    roseちゃん 4 2014年10月8日

    めっちゃハラハラしたわ