わたしはロランス
わたしはロランス
Laurence Anyways
2012年製作 カナダ・フランス 168分 2013年9月7日上映
rating 4.1 4.1
184 162

『わたしはロランス』のsouthpumpkinの感想・評価・ネタバレ

southpumpkin
southpumpkin 4 2015年10月12日

「男のトランスセクシャルの告白に際しそれを受け入れる女の話」という要約こそがこの映画で最も否定されるべきことなのではないでしょうか。おそらく正しくは「ロランスのトランスセクシャルの告白に際しそれを受け入れるフレッドの話」なのでしょう。「私は男」「私は女」である前に「わたしはロランス」なのです。「Laurence Anyways」を翻訳したものとして、おそらくそういう意味で付けられた邦題は相当秀逸なものであると思います。 ドラン最高傑作の呼び声も高い本作、『トム・アット・ザ・ファーム』に星4.5を与えた僕としてはそれには劣る気がします。映画好きの友人曰く、本作含むセクシャルを主題にした言及は初期作にのみあるもので今後はトムっぽい原作ありきの映画が増えていくだろう、とのこと。僕もそんな気がします。