私の中のあなた

私の中のあなた

MY SISTER'S KEEPER
アメリカ 2009年10月9日上映
rating 3.8 3.8
398 43

『私の中のあなた』とは

2009年公開の米映画。2004年に出版されたジョディ・ピコー原作のベストセラー小説『マイ・シスターズ・キーパー』を映画化。監督は『ジョンQ/最後の決断』『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス。遺伝子操作、そして臓器移植と言う議論を呼ぶテーマを取り上げているが、心揺さぶる家族愛を描いたヒューマンドラマとして観客を魅了。母親のサラを演じたキャメロン・ディアスは、本作で初の母親を演じている。主人公のアナを熱演した『リトル・ミス・サンシャイン』のアビゲイル・ブレスリンは当時まだ13才。

『私の中のあなた』のあらすじ

アナの姉ケイトは2才の時に白血病を患っている事が判明して以来、闘病生活を送る。何としても命を助けたいと模索するうちに、母親のサラはケイトに適合するドナーを遺伝子操作で作る選択をする。そして、ケイトの妹であるアナは、ドナーと言う役目で誕生する。全てケイト中心という家庭環境にあっても、ケイトとアナは仲の良い姉妹として成長するが、長男のジェシーはストレスから失語症になる。そんなある日、ケイトの容態が急変し腎臓移植が必要となった時に変化が起きる。アナは、これ以上ケイトのために自分の体がパーツとして利用される事を拒否するために両親を提訴したのだ。それを知って激怒するサラ。しかし、アナには母親に言えない重大な理由があった。

『私の中のあなた』のスタッフ・キャスト

『私の中のあなた』の感想・評価・ネタバレ

  • Mako Adaniya
    Mako Adaniya 4 2017年5月18日

    それぞれの思いがすれ違って、母親と衝突するときもあるけど、みんなケイトを想っての行動。 やっぱり家族は大事だなと思える映画でした。

  • Yuka Tanoue
    Yuka Tanoue 4 2017年2月4日

    大好きな作品

  • syn490

    キャメロンディアス 初めて いいって思った映画。

関連する記事

『私の中のあなた』に関連する作品