ダイアナ

ダイアナ

Diana
2013年製作 イギリス 114分 2013年10月18日上映
rating 3 3
88 22

『ダイアナ』とは

1997年、36歳という若さでこの世を去ったダイアナ元英国皇太子妃が亡くなるまでの2年間を辿った伝記ドラマ。監督は『ヒトラー 最期の12日間』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。弱冠二十歳でチャールズ皇太子と結婚するも、夫の不倫、王室との確執、苛烈なマスコミの攻撃に追い詰められていくダイアナ妃の苦悩と再起を描く。ダイアナ妃を演じるのは、『21グラム』『インポッシブル』のナオミ・ワッツ。ダイアナ妃の知られざる恋の相手となるハスナット・カーンはナヴィーン・アンドリュースが務める。

『ダイアナ』のあらすじ

"その衝撃的な死の2年前。1995年、英国皇太子妃ダイアナ(ナオミ・ワッツ)はあまりにも多くの頭痛の種に囲まれ疲弊しきっていた。夫の不倫による別居のせいで彼女の愛する2人の息子と離れ離れになり、マスコミは新たなスキャンダルを求めて彼女の周りを這い回る。 ある日、人命救助に心血を注ぐ心臓外科医のハスナット・カーン(ナヴィーン・アンドリュース)と出会ったダイアナ妃は、その高潔な志に感銘を受ける。BBCのインタビュー番組で「人々の心の王妃になりたい」と語ったダイアナ妃は周囲からバッシングを受けつつも、熱心に人道支援活動に取り組み始める。"

『ダイアナ』のスタッフ・キャスト

『ダイアナ』の感想・評価・ネタバレ

  • イトヨ
    イトヨ 4 2016年3月5日

    普通って難しい

  • kana

    2015.12.11 恋するダイアナが、可愛くて切ない。 ショパールやディオールの紙袋を持って、パパラッチから逃げる姿に涙。

  • Raska

    冗長な感じが否めませんでした。 医師の役者さん、素晴らしかったです。

『ダイアナ』に関連する作品