君も出世ができる

You Can Succeed,Too
1964年 日本 100分
rating 4 4
1 1

「君も出世ができる」とは

『君も出世ができる』はブロードウェイ・ミュージカルの楽しさを詰め込んだ、和製ミュージカル作品。監督は『太陽は呼んでいる』の須川栄三。『社長シリーズ』など喜劇映画を多く手掛ける笠原良三と、『男嫌い』の井手俊郎が共同でシナリオを執筆、撮影は『国際秘密警察 虎の牙』の内海正治が担当した。 日本でも戦後、本格ミュージカルを作る動きは様々な形であり、本作はその成功例として名前が知られる作品である。

「君も出世ができる」のあらすじ

観光会社・東和観光で外国人旅客課に勤める山川善太は、出世のためならどんなことでもする高度成長時代の典型的なサラリーマン。一方、彼の後輩で同じ独身寮の中井剛は、のんびり型のサラリーマンで山川とは対照的。ある日、社長の海外出張を知った山川は、出世の糸口とばかりに奇抜なアイデアを考え、歌と踊りで派手な見送りをする。だが飛行機の都合で羽田に戻った社長は、空港で一人残っていた中井に、ある女性に金を渡すよう依頼。その女性は、社長が昔世話になった恩人の令嬢だと聞いていたのだが、実は社長の愛人であるクラブホステスの紅子だった。そんな中、山川にはサラリーマンの出世三ヶ条があり、その第三条「社長の弱味を握ること」をもとに、中井に紅子と仲良くなるよう持ちかける。しかし中井は真面目な性格であるが故に積極的になれないのだった。そんな彼らのもとへ、出張中だった社長の娘の陽子がアメリカから帰国。陽子は純情な中井に惹かれ、恋心が芽生えていく。果たしてどちらが出世街道のレールに乗れるのか。

「君も出世ができる」のスタッフ・キャスト

「君も出世ができる」の感想・評価・ネタバレ

  • onoatushi
    onoatushi 4 2015年1月13日

    和製ミュージカルとはこういうことだったのか 〜!ダサさゆえの粋さ最高です。

「君も出世ができる」に関連する作品