僕の初恋をキミに捧ぐ

僕の初恋をキミに捧ぐ

2009年製作 日本 122分 2009年10月24日上映
rating 3.1 3.1
348 8

『僕の初恋をキミに捧ぐ』とは

2009年公開。原作は青木琴美の同名人気コミック。小学館漫画賞少女向け部門受賞の作品。心臓病で余命を宣告された少年とひたむきに少年を思う少女の純愛を描いたラブストーリー。監督は『Life天国で君にあえたら』の新城毅彦。主演は『花より男子 ファイナル』の井上真央、『重力ピエロ』の岡田将生という期待の若手俳優の競演が話題となった。他、杉本哲太、中村トオルなど実力派の出演し脇を固めた。興行収入は20億円を超えるヒット作となった。

『僕の初恋をキミに捧ぐ』のあらすじ

逞は、重い心臓病を患っていた。そんな事もあり、彼の主治医の娘である繭と一緒にいる機会が多く、いつしか2人は惹かれあい、8歳になった頃、逞は「おとなになったらおよめさんになってください」と繭にプロポーズをする。しかし、逞は病気の影響から20歳まで生きられないと言われていた。それを知っているにもかかわらず繭は「20歳になったら絶対よ」と約束する。 やがて逞も20歳まで生きられないことを知り、繭を避けて全寮制の中高一貫教育の学校に入学する。しかし、それを追って繭も同じ学校に入学。そこで新たな出会いが待ち受け......。

『僕の初恋をキミに捧ぐ』のスタッフ・キャスト

『僕の初恋をキミに捧ぐ』の感想・評価・ネタバレ

  • けんしろー
    けんしろー 2 6月1日

    ただの恋愛映画かと思ったが 生きるがテーマの今作。 胸が痛い作品です。考えさせられる。 ハッピーエンドを途中で期待させ、何度も裏切る何とも言えない。 泣けますね。

  • ななせ
    ななせ 0 2015年10月8日

    ★★★☆☆

  • さや

    映画館でみーちゃんと鑑賞。 3回ぐらい観た。 切ない、泣ける。

『僕の初恋をキミに捧ぐ』に関連する作品