ニンフォマニアック Vol.1

Nymphomaniac: Vol. I
2013年 デンマーク・ドイツ・フランス・ベルギー 117分
rating 3.4 3.4
102 125

「ニンフォマニアック Vol.1」感想・評価・ネタバレ

  • theskinheads
    theskinheads 4 1月27日

    一度途中までレビューを書いていて、操作ミスで全部消えてしまい、萎えてしまって、同じ文章を書く気力はないが少しやる気を削いで2度目のレビュー。 色情狂を描く映画。vol.1とvol.2があるが、前編だけでも大満足、お腹いっぱいと言った方が近いかもしれない。セックスというテーマをこれでもかと掘り下げて、ストーリーは展開していく。その中でもチャプターが分かれていてそのチャプター毎にテイストの違う物語がある。 演出もテーマも、かなりアウトローで目が離せない。前々から観たいと思っていたもののなんだかインテリ感が強い印象があり観るのを先延ばしにしていた。インテリ感は否めないが退屈させないその演出力とぶっ飛んでるストーリー展開がある。 人によってセックスの価値観が違うものの、この映画はその行為をいやらしく感じさせない。むしろ裸婦画や春画のような芸術としての性。ここまで昇華できるのもすごいと思う。 しかし、1つだけ気に食わないところがあって、語り手と聞き手がいて話を進めていくタイプだから仕方がないんだけど、その後2人の会話が不自然。語り手はやたら教訓めいていて、しかも前提として聞き手がこのおじさんじゃなきゃダメなような物言い。聞き手のおじさんもやたらと物分りが良くて、釣りやクラシックに置き換えて話を聞くんだけど、最近の伊坂幸太郎のような、もともと話すことが決まっているような不自然な会話である。 と言っても、十二分に楽しめたのでvol.2を早く観たいと思っている。

  • chiho
    chiho 3.5 2016年1月29日

    ユマサーマンに笑う

  • HMworldtraveller
    HMworldtraveller 4 2016年1月22日

    ニンフォマニアック。色情狂または色情症。気分障害の一種である躁病状態の際に併発する場合があり、量的に過剰な性交(セックス)を求めたり、オナニーを何度繰り返しても満足しないような症状が見られる (出典 Wikipedia) 誤解を恐れずに言ってしまおう。・・・おもしろかった。 私にとってトリアー監督の作品は、観てハッピーな気持ちになれるとか、登場人物に共感したりとか、言いようの無い感動を覚えることが決して無い映画だ。好きではない。苛立ちを感じたり、ひどく落ち込んだり、嫌悪感を覚えたりする。でも、頭で考える以前の本能的な部分や心の奥深くを掻き乱され揺さぶられ弄ばれたような気持ちになるせいか、結果として強烈に記憶に残るのである。 本作も例外ではなく、主人公ジョーの奔放過ぎる性には正直、ドン引きしてしまう。性はあるけど愛は無い。と言うよりも「愛なんてくだらないものに取り憑かれた世の中に反抗していたのよ」の言葉のとおり、愛を敵視し嘲笑する。そして過剰な性遍歴の結果、何も感じなくなるとは なんて滑稽で皮肉なことこの上ない落とし込み方なんだろう。。トリアーという人の描く女性は、世の中のmajorityとは違う方向に幸せや価値観を求めているように見える。 そんな ”トリアー的 通常運転” な描写の作品なのにおもしろいと感じたのは多分聞き手のセリグマンの妙に哲学的な薀蓄のせいだ。男漁りをするジョーの行動を釣り(フライ・フィッシング)に例えたり、” 3+5の衝撃 ” をフィボナッチ数列だと言ったり、博識を披露しながら返す相槌が 的を射ているようでもありズレているようでもあり、とにかく軽妙で独特。これがキワモノ路線の素材に、苦笑いに近いコメディ要素を神妙な面持ちでふりかけるような効果になっている。 いずれにしても、この監督の作品は他とは異なる後味が残る。「幸せな人や美しいシーンを見て、こうありたい こうなりたい」という映画と「倫理に反する行動や悲惨なシーンを見て、美しいものや かけがえのない何かに気がつく」映画の2種類に映画を分類するとしたら同監督作品は後者だ。今回、本作を観て思った。負をもって正を知る(負をもって正を考えさせる) パワーの大きさ。これが人を惹きつける魅力であると同時に人から疎まれ遠ざける要素なんだと。

  • mazda620
    mazda620 5 2015年12月28日

    色情狂、 異常な性欲、それはどんな数、どんな人、どんな行為でも満足感を得られない、そんな「ニンフォマニアック」の一人の女性が過去の体験を語る。 またすごい映画を見てしまった、すごいっていうか凄まじいっていうか、私のボキャブラリーじゃ伝えられません。単純に激しい性行為があるのかと思ったけどそういう凄さではない、欲望に溢れていて、本能的で、これこそ人間で、かき乱されそうなほどに感じさせられる。 私たちは欲望の中で生きてる、こういう異常な人がいるってことじゃなくって、私たちだって同じ。生まれた瞬間の全ての人間が、それは、無欲だって言う人間さえも誰もがみんなそうだった。私たちは永遠に120%で満たされることはなくって、むしろ満たされないから生きれてる、なにもいらないってほどの満足感を得た時、それは死だと思う。 その最強の絶頂の瞬間って自分以外の何かのことを考えられない、もはや快感とも呼ばない、彼女の言う「宇宙でひとりぼっちになった感覚」がまさにそうで、最強の満足感というのは無に近いと思う。その孤独感は私も小さい頃から何度もあって、すごく幸せな時とかこれから楽しいことがあるって時に、幸せで嬉しいきもちとほぼ同時にひとりぼっちのような孤独感を感じる。幸せなことも楽しみなことも間違いないのに、どこから湧いてきたのかわからないほどの孤独感も間違いなくて、自分できもちが矛盾してることをわかってるからこそ表には出せない感情だったけど、この映画でその感覚を言葉にしていた時、これ以上何も感じれないっていうくらいの安心感でいっぱいになった。 自分の欲望のままに正直になることは、必ず誰かを傷つけるしそれは罪と呼ぶかもしれない。でも彼女の孤独感が紛れるのがその絶頂の一瞬だとしたら、出口はないけどそれが孤独感から逃げる唯一の方法で、生を感じれる唯一のやり方で、彼女がいうその「感覚」は絶対的。だからどんな犠牲が出ようとそこに同情心もなければ見下す気持ちもない、思いやりもない、本能むき出しでギリギリで生きてるって感じがした。 これがコメディなことに圧倒される。笑うツボがいくつもあるのに、笑う私たちをトリアーは皮肉ってるみたいに思える、だって笑ってる私たちこそ恥ずかしいくらい何かの欲望に溢れてるから。まんまとトリアー穴に落っこちた感じ。 トリアーの映画は好きとか嫌いとかの前にすごいが先にくる。この映画だってこんなに一生懸命感じようって食いついて観ても、私が理解したのはこの映画の100分の1くらいに思えて、観るたびに感じることが増えそうで。この映画を理解していくことが私の一つの欲と快感みたいで。あらゆることが例え話になるせいで、全ての物事が愛と人間と欲望っていうテーマに繋がって、哲学の塊ができていて、この映画にはまった人はそこを無限ループしてる感じ。到底理解できないのに、すごく理解したいって思っちゃう人トリアー。彼の狂いっぷりは1作見れば十分わかるけど、この映画でこの監督大好きだって確信した。まだトリアーの映画を映画館で見た事はないけど大スクリーンと大音量でトリアー映画を見るほどの忍耐力はまだ私にはないなと思いました、それくらい毎回放心状態みたいになるし感情だだ漏れになる。 ファックと好色でいる権利の会が最高に好きだった。あとすごく気になった話で、爪をどっちの手から切るかの心理テストも考えさせられた、左手からの人は快感を求めるタイプっていうのは、利き手で先に切る、切りやすいという快楽、好きなものから先に食べる派とかと同じことなのかなって思った。そんな些細なことからも欲を満たそうとしてる、性というわかりやすいテーマにしているだけで、あらゆる事で私たちは気持ちよさという感覚を求めてると思った。やばいな、何時間でも語れそうな映画。

  • s_8o1
    s_8o1 3 2015年11月4日

    予備知識等皆無で観ました。後輩のオススメです。 色情狂の女性の人生の話でした、ひたすら。なのでセクシーシーンは多々ありましたが、色合いや構成によって生々しさよりおしゃれな感じでまとめられてる印象です。Vol.1しかまだ観てませんが、2も観てみようかな?という感じの感想です。 テンポと展開がよくわからなくとても長く感じてしまいましたが嫌いではないかな?という感じです。 一番の疑問は主題歌でした。

  • wawwaww
    wawwaww 3.5 2015年10月21日

    ラースフォントリアーて病んでるよね。 でも見やすかった

  • southpumpkin
    southpumpkin 4.5 2015年9月15日

    男が助けたボロボロの女がニンフォマニアックと自称する半生を語り始めます。トリアーの章に区切る特徴が最もしっくりくるのがこの映画のような会話と回想とによる構成なのではないでしょうか。今までのトリアーの映画が全てこの構成の会話部を省いたような映画にすら見えてきます。さらにその会話も非常に面白い。知性と経験の両面から性について淡々と説いていきます。時々噛み合わない会話もまた面白いです。しかもその会話部がラストに持っていかれます。なんとなく読めましたが、それでもトリアー!最高だぜーー!!となります。エロくてコメディと噂の回想部も面白かったですねえ。ユマ・サーマン演じるH夫人は最高だったと思います。 トリアーらしい実験的挑戦も近年の作品の中では圧倒的に感じられ(3+5がいいよね)とエンタメとが見事に共存した最高の映画かと思います。『メランコリア』が最高の映画だと思うので差別化のために星4.5にします。

  • chaso1203
    chaso1203 3.5 2015年9月11日

    私は好き。 ちょこちょこクスクス笑えたな これは2が気になる

  • Satoko_Suzuki
    Satoko_Suzuki 3.5 2015年9月10日

    DVDにて 覚悟して観たので、意外とぶっ飛んでいない印象でした。 画面分割やら、文字を挿入したり、淡々と進むところは、ああ、ラースだなぁ、と思いましたが(時折、挟まれるギャグのようなシチュエーションも!)、話の展開が物足りなく、少々消化不良。 シャルロット・ゲンズブールがほぼ活躍していないのも、なんかなぁ。

  • 2828hatter
    2828hatter 2.5 2015年8月22日

    ゆったりとしたシーンも組み込まれていて、激しいシーンのインパクトが、良い意味で和らげられている。主人公からは、どことなく儚く、幼い雰囲気が感じ取れた。

  • ririri511
    ririri511 3.5 2015年8月14日

    Vol1とvol2を続けて鑑賞。 鑑賞するのに物凄く体力必要です(笑) 過去からさかのぼってストーリーが始まるけど哲学的な部分が多く難しく考えると頭がおかしくなりそうなので頭を空っぽにして観るべきです(笑) 噂のセックスシーンは噂通りガチの本番ですが思ってたより少ない。 と力抜いて観てたらラスト辺りシャイア・ラブーフの本気のイチモツがドアップで来たんでビビりました(笑)

  • ayamilky
    ayamilky 3.5 2015年8月6日

    色情狂がいかに色情狂であったか。 セックスと釣り。 セックスと音楽。 セックスの話に合わせて崇高そうな話を重ねる展開に、なんだか神秘的な話をされているような感覚になる。 描き方はスラムドッグミリオネアみたい。 フィボナッチの話がわたしは好き。 「へーそうなんだ!」ってセックス絡めた知識が増えていってなんか複雑笑 快楽と知識が一緒に頭に入ってくる。 思ったよりは落ち着いた描写だったけど、快楽についてひたすら綴られているので、やっぱり1人で観ることをオススメする。

  • skr_icj
    skr_icj 3.5 2015年8月2日

    #eiga #movie 雨の音。そしてゴリゴリの曲。 主人公によって語られるぶっ飛んだ性生活が、冷めた景色のように流れていくから自然に受け入れられてしまう。そしてそれを理論先行型のおじさんが、変に解釈しようとするので、なんの話かよくわからなくなっていく。あれ、色情狂の話?絵画の話?音楽の話?釣り?とうやむやになりそうになる。修羅場のシーンはものすごかったので、またいつか観てしまいそう。

  • Yurie_Kodaka
    Yurie_Kodaka 3.5 2015年7月12日

    エロメタル。ステイシー・マーティンの身体の美しさ…

  • girlyups
    girlyups 4 2015年6月13日

    すごく過激そう、って身構えていたけれど、映像も言葉選びも好みで引き込まれた。 シュールな場面やおじさんのコメントも面白い。 それとジョーのファッション見てたら古着が欲しくなった。

  • o325
    o325 4 2015年5月20日

    過去を語りながら展開していく、知ってはいたけど当然過激なシーンも結構ありました。ただクスッと笑える場面が多くてよかったです。ふたりの語り口調や会話も知的で言葉選びもおもしろい!予想の斜め上行く作品でした。 自然やモノクロの落差が変な感覚でした(良いか悪いかは置いといて) 兎にも角にもvol.2に期待せざる得ない!!

  • EllyMimy
    EllyMimy 3.5 2015年4月26日

    ニンフォマニアック=女性の色情症 衝撃作です。 自らを色情症と認め 過去が語られながらストーリーが展開。 過激なシーン、多数。 とにかく私は主人公に腹が立ち、全く理解できず、共感なんて勿論できず。 でもこう思わせるのも監督の作戦かも。 ユマ・サーマンのシーンが印象的で、なぜかここで笑ってしまった私。 2に続く…

  • mayaki
    mayaki 4 2015年4月25日

    なんだかんだで見入ってしまった。主人公かわいい。おじさんの話がとても良い。続きを見ないと。

  • Yusuke_Yamamoto
    Yusuke_Yamamoto 3.5 2015年2月27日

    エロかった。 かっこよかった。 語りの演出とか、キリスト教的な背徳感とか。 2014/ 新宿武蔵野館

  • Yuka_Ono
    Yuka_Ono 4.5 2015年2月26日

    『ニンフォマニアックvol.1』鑑賞。ここ一年で観た映画の中で一番。音楽、アーティスティックな映像表現、描写が絶妙に調和してる。醜いのに美しい。緊張感があるのに心地よい。相反する感情が生まれてくる。vol2で中だるみしませんように。