ニンフォマニアック Vol.1
ニンフォマニアック Vol.1
Nymphomaniac: Vol. I
2013年製作 デンマーク・ドイツ・フランス・ベルギー 117分 2014年10月11日上映
rating 3.4 3.4
108 126

『ニンフォマニアック Vol.1』のエミデブの感想・評価・ネタバレ

エミデブ
エミデブ 4 2017年1月27日

一度途中までレビューを書いていて、操作ミスで全部消えてしまい、萎えてしまって、同じ文章を書く気力はないが少しやる気を削いで2度目のレビュー。 色情狂を描く映画。vol.1とvol.2があるが、前編だけでも大満足、お腹いっぱいと言った方が近いかもしれない。セックスというテーマをこれでもかと掘り下げて、ストーリーは展開していく。その中でもチャプターが分かれていてそのチャプター毎にテイストの違う物語がある。 演出もテーマも、かなりアウトローで目が離せない。前々から観たいと思っていたもののなんだかインテリ感が強い印象があり観るのを先延ばしにしていた。インテリ感は否めないが退屈させないその演出力とぶっ飛んでるストーリー展開がある。 人によってセックスの価値観が違うものの、この映画はその行為をいやらしく感じさせない。むしろ裸婦画や春画のような芸術としての性。ここまで昇華できるのもすごいと思う。 しかし、1つだけ気に食わないところがあって、語り手と聞き手がいて話を進めていくタイプだから仕方がないんだけど、その後2人の会話が不自然。語り手はやたら教訓めいていて、しかも前提として聞き手がこのおじさんじゃなきゃダメなような物言い。聞き手のおじさんもやたらと物分りが良くて、釣りやクラシックに置き換えて話を聞くんだけど、最近の伊坂幸太郎のような、もともと話すことが決まっているような不自然な会話である。 と言っても、十二分に楽しめたのでvol.2を早く観たいと思っている。